学術研究

川口先生をはじめとする、先生方の紫イペの研究データをご紹介

藤本病院 院長 川口 雄才(かわぐち ゆうさい)

紫イペを通常の治療と併用して使用。
患者様の「食欲増進」や「活力の向上」「副作用 の減少」だけではなく「生存率の向上」を確認し 紫イペと現代医学を組み合わせた研究を続け、 学会でも発表されています。

●プロフィール

昭和32年1月4日生まれ。昭和57年3月関西医科大学卒業。
昭和57年5月同大学外科入局。平成7年一祐会藤本病院
副院長就任。平成20年6月より同病院 院長就任。
日本外科学会、日本消化器外科学会。
指導医、消化器がん外科治療認定医。


川口院長ご自身によるセカンドオピニオン診察(毎週月曜日午後より)を行っている藤本病院


特定医療法人 一祐会 藤本病院
住所 大阪府寝屋川市八坂町2-3
電話 072-824-1212
http://www.fujimoto-hp.com/

コンテンツを選択してください

●補完代替医療とサプリメント・5年生存率への挑戦
〜患者が満足する医療の実践するために

2004年10月3日〜4日
第2回 国際臨床抗老化医学会議 (東京)

関西医科大 第1外科 講師 川口雄才

●機能性食品の意義

2003年10月22日〜23日
第41回 日本癌治療学会 (北海道)

関西医科大 第1外科 講師 川口雄才

»詳細はこちら

●癌治療のありかた−癌と紫イペ

2001年11月11日
第4回 日本補完・代替医療学会 (大阪)

関西医科大 第1外科 講師 川口雄才

»詳細はこちら

●癌補助療法としての紫イペの効果について−特に乳癌、胃癌、大腸癌

2000年11月15日 ◇
第3回 日本補完・代替医療学会 (東京)

関西医科大 第1外科 講師 川口雄才

»詳細はこちら

●代替医療における紫イペを中心とする機能性食品の役割(2)

1999年10月11日
第2回 日本代替医療学会 (横浜)

大森内科アレルギーくりにっく 院長 大森隆史

  • 紫イペとは
  • 闘病記
  • 学術研究
  • 紫イペが紹介されたもの
  • 雑誌・新聞
  • 書籍
  • 文献
  • リンク集
  • サイトマップ
  • お問い合わせ