紫イペ情報館

その他

●みぞおちの重苦しさが気にならなくなり、胆石のあることを忘れていることも…

 7~8年前に、病院の検査で胆のう内に大きめの石が3つあることがわかりましたが、痛むこともなかったので、そのまま様子を見ることになりました。それでも、時々みぞおちあたりに重苦しさを感じることがあったので、何かいい健康食品はないかと探していたときに、本で「紫イペの高濃度エキス」のことを知り、試してみることにしました。

続きを読む

●うまくいかなかった不妊治療も3ヶ月の『紫イペ』で、42歳でママになれた!

37歳から不妊治療を開始、成果が得られず、あきらめる寸前…

 30歳で結婚しましたがなかなか子宝に恵まれず、人知れず悩んでいました。検査してもどこも悪いところはなかったのです。そのため、不妊治療も高額なことや心身の負担などを考えるとすぐには踏み切れず、結局37歳で妊活を始めることにしたのです。

続きを読む

●胃ガンの術後、不調が続いたが、『紫イペ』で食欲も戻り、健康回復へ!

定期健診で超初期の胃ガンを発見、手術は成功したが、食欲不振が続き…

 普段から健康には気を遣っており、かかりつけの病院でも定期的に検査を受けていました。今から7~8年前だったと思います。検査で大腸にポリープが見つかり、内視鏡による切除術を受けました。幸い良性だったのですが、それ以来毎年きちんと大腸検査を受けてきましたが5年前、2013年のあるとき、主治医の先生が「たまには胃の内視鏡も受けてみませんか」と言ってきたのです。私は何十年も前、胃カメラでひどく苦しい思いをしたので躊躇したのですが、先生の「今は苦しくない検査になっているから」という言葉を信じ、勇気を出して検査を受けることにしました。

続きを読む

●子宮頸ガンの手術後、腎臓に嚢胞ができて、抗ガン剤や放射線療法は受けられなかったが、ガンは再発せず、嚢胞も消え、元気になった

二度目の不正出血、ひどくなった腰の痛み

 55才の冬のことでした。おりものがあり、少し出血したんです。当時は看護師をしていて仕事が忙しかったこともあり、この時点では診察も受けませんでした。
 たびたび腰が痛みましたが、これは職業病のようなものだから、いつものことだ、くらい」にしか感じませんでした。

続きを読む