紫イペ情報館

悪性リンパ腫

●末期の全身性悪性リンパ腫で絶望するも『紫イペ』で完全寛解し、生きられた!!

腹痛で病院をたらい回しの結果、末期の悪性リンパ腫だった

 体調に不安を感じたのは2015年9月末。突然、ひどい腹痛に襲われ、歩くのもやっとの状態になったため近所の総合病院を受診しました。しかし原因不明と言われ、大学病院の難病科を紹介されたのです。そこでさらに詳しい検査を受けましたが、やはり原因が分からず、11月初旬、ようやく全ての検査の結果が出ました。進行した悪性リンパ腫でした

続きを読む

●手術不可能な『脳悪性リンパ腫』が1ヵ月で消えた!!健康回復し、リハビリに励む日々

脳腫瘍で歩行も食事も困難、気づいたときは手遅れでした!

 最初に体調がおかしいと感じたのは1年半前。2011年11月頃から足がふらついて歩行が難しくなり、翌年1月には物が二重に見える複視が起こりました。年齢的なものだと思いこんでいたのですが、3月中旬に入ると急性の嚥下障害で食べ物が飲み込みにくくなり、右眼は眼瞼下垂、さらに構音障害で言葉をうまく発音できなくなってしまい、4月4日に入院を余儀なくされました

続きを読む

●腹膜にできた巨大な腫瘍が消失!抗ガン剤の副作用を感じることなく悪性リンパ腫が克服できた!

腹部が異常に腫れ上がった!!

 平成21年の4月のことでした。法事で故郷へ行き、親戚たちと食事をしているときに、腹部の様子がおかしくなりました。朝からまったく尿意がなく、「変だな」とは感じていたのですが、こんな状態の腹部を見たのは初めて。パンパンに膨れ上がり、明らかにおかしいのです

続きを読む

●末期の悪性リンパ腫の進行がストップ!体が元気になり毎日の生活を楽しむ日々!

ひどい副作用で治療が中止に!

 私が悪性のリンパ腫だと判明したのは平成20年7月。すでに末期の状態で、すぐに抗ガン剤による治療が始まりました。
抗ガン剤の副作用は、想像以上にひどいものでした。肺に水が溜まる、心不全、むくみによる10kgもの体重増、髪の毛はどんどん抜け落ち、爪はボロボロに…。細胞が抗ガン剤に痛めつけられていくのが、はっきりわかるのです。
そんな私の様子を見て、医師も危険だと思ったのでしょう。その後の抗ガン剤治療は中止となってしまいました。

続きを読む

    class='wp-pagenavi' role='navigation'>
  • 1 / 3
  • 1
  • 2
  • 3