紫イペ情報館

白血病

●わずか3歳で発症!最愛の孫が血液のガンに

 『発酵紫イペ』は、私ではなく、今年で5歳になる孫のために注文しました。
 平成17年の夏でした。熱が下がらずに1週間入院したのですが、お盆に再び発熱してしまったんです。小児科のある大きな病院で診てもらうよう勧められ、検査を受けることになりました。血液検査などの結果、急性リンパ性白血病と判明しました。まだ3歳になったばかりだったんです。本人は顔色も悪く、いつもより元気がなかったのですが、まさかこんな大病を患うことになるなんて……。

続きを読む

●血液のガン白血病を克服!ドナー決定した骨髄移植も行わずに済みました!

顔の異常な腫れは血液のガンが原因!

 あごの腫れが気になり、病院で生体検査を行ったところ、悪性リンパ腫と診断されました。すぐさま血液内科にまわされ、さらに詳しく調べると、“成人T型細胞白血病”だとわかりました。医師からは「骨髄移植しか方法がない」と言われ、病室が空き次第、入院することになったのです。

続きを読む

●抗ガン剤の副作用も少なく元気に。このまま状態を維持していきます

 全身がだるいと感じ始めたのはいつだったのか。夏に向かっていたので食欲がないのも「暑さのせいか」などど気楽に思っていました。ところが、貧血が起こり、微熱が続くようになって、さすがに「これはおかしい」と思い、病院で検査をしてもらうことにしました。平成13年7月のことです。

続きを読む

●院内感染にも見舞われて「余命1ヶ月」から回復! 退院して元気に!

 「慢性骨髄性白血病」と診断されて入院したのは平成14年の2月7日。治療はまず、多すぎる白血球数を下げるための抗ガン剤投与から始められました。その効果は現われたものの、今度は下がりすぎた白血球が500からなかなか上がらなくなってしまいました。体中に紫のブツブツができ始め、熱も下がりません。

続きを読む

    class='wp-pagenavi' role='navigation'>
  • 1 / 3
  • 1
  • 2
  • 3