紫イペ情報館

白血病

●抗ガン剤の副作用が少なく元気に。このままの状態を維持していきます

 全身がだるいと感じ始めたのはいつだったのか。夏に向かっていたので食欲がないのも「暑さのせいか」などと気楽に思っていました。ところが、貧血が起こり、微熱が続くようになって、さすがに「これはおかしい」と思い、病院で検査をしてもらうことにしました。平成13年7月のことです。

続きを読む

●輸血に頼るしかなかった治療も2カ月半で終わり、 ヘモグロビン値が安定してきた

 平成13年の暮れあたりから疲れがひどく、軽いめまいを感じるようになりました。これはおかしいと思い、年明け早々に病院へ行き血液検査を受けたところ、赤血球とヘモグロビン値が極度に低く、白血病といわれてしまいました。すぐに入院して骨髄の検査を受けたところ、結果は「急性骨髄性白血病」ということでした。

続きを読む

●院内感染に見舞われて「余命1カ月」から回復!退院して元気に!

 「慢性骨髄性白血病」と診断されて入院したのは平成14年の2月7日。治療はまず、多すぎる白血球数を下げるための抗ガン剤投与から始められました。その効果は現れたものの、今度は下がりすぎた白血球が500からなかなか上がらなくなってしまいました。体内に紫のブツブツができ始め、熱も下がりません。

続きを読む

●嫁いだ娘のところへ出かけられた

 発病したのは3年前のことでした。慢性骨髄性白血病、この病名を聞いたときは、気の遠くなる思いでした。これからどんな治療が待ち受けているのか、いつまで生きられるのか…。走馬灯のように、頭の中にはさまざまな思いがめぐりました。

続きを読む