紫イペ情報館

前立腺ガン

●自覚症状がまったくなかったある日のガン宣告。 妻には内緒にしながら、回復を待つ日々

 前立腺ガンだということがわかったのは平成16年2月のことでした。82歳という年ですから、病院へは定期的に通い、検査を受けてきましたが、その検査でガンが見つかったのです。私はあまり自覚症状というものがなく、多少トイレの回数が多いくらいで、ガンもきわめて初期のものということでした。

続きを読む

●手術後にも出にくかった尿の出が1カ月でスムーズに。 3カ月後には抗ガン剤の服用がストップになった

 尿の出が悪いと感じ始めたのは、平成13年の6月ごろからでした。最初はそれほど気にすることもなく放っておいたのですが、日に日に出は悪くなるばかりです。家族は病院で診てもらうことを勧めます。診てもらうなら、大きな病院がいいだろうということになり、東京の大学病院で検査してもらうことにしたのです。子どもが東京に住んでいたので、しばらくやっかいになることにしました。それがその年の11月のことです。

続きを読む