紫イペ情報館

ガンその他

●高齢で腎臓がんを治療できない!紫イペの樹皮エキスで抵抗力が戻り腎臓がんが縮小し、痛みも消えた!

突然の激痛で搬送、腎臓がんが発覚

 2013年のある真夜中、突然、腰と背中、腹部が激しい痛みに襲われ、動くこともできなくなりました。市立病院に救急搬送されましたが、夜中の3時頃で新米の当直医しかおらず原因も分からずじまい。そういう状況なので痛み止めも投与されず、まんじりともせずに激痛を我慢し続けるはめになりました。

続きを読む

●高齢のため、腎臓がんの手術も化学療法も不可能と言われたが、紫イペの樹皮でみるみる縮小し、健康維持できた

 日頃、健康には自信があったのですが、85才のとき、腰から背中、腹部まで恐ろしい激痛に襲われました。動くこともできなくなって救急搬送され、翌朝の精密検査で腎臓がんが発覚したときは、ガックリ。30年前に母を胃がんで亡くしていたので、「ついにオレにもきたか……」と覚悟の心境でした。

続きを読む

●血液のガンや心臓疾患で余命半年と宣告!『紫イペ』で数値も回復、命が延びた!!

20年前から心臓疾患ほか病気に次ぐ病気で辛い日々

 母は66歳で世間的にはまだまだ若いのですが、体が弱く、40代からたくさんの病気を抱えて生きてきました。心臓疾患とその薬の副作用で糖尿病を併発、さらに下肢の動脈が詰まる動脈閉塞症も起こしています。心臓疾患が分かったのは50歳の頃です。胸が苦しいと受診し、レントゲンなどの検査を受けたものの診断がつかず、原因不明だから転院を繰り返し、結局3軒目の病院の先生が「心不全を起こしかかっています」と緊急手術に踏み切り、事なきを得ました。その後、投薬治療を続けていましたが、副作用で血糖値が上昇。血糖コントロールも治療の中に入るようになり、踏んだり蹴ったりの人生です。

続きを読む

●子宮体ガンと直腸ガンが『紫イペ』で同時にほぼ消失!

胸腹部大動脈瘤を克服したら、突然の下血で子宮体ガンの告知!

 私は18年前、胸腹部大動脈瘤で大きな手術を経験しました。人工血管を入れてもらって何とか命を長らえたのです。この十数年、年に1回の検査を欠かさず受けてきましたが、経過がよく体に問題がなかったことから、主治医と相談して昨年で定期検診を止めたばかりでした。

続きを読む

    class='wp-pagenavi' role='navigation'>
  • 1 / 3
  • 1
  • 2
  • 3