紫イペ情報館

肺ガン

●高齢で肺ガン治療をあきらめたが『紫イペ』で体調が回復し期待!

福島で震災に遭い、一時避難。自宅に戻って肺ガン発覚!

 忘れもしません。2011年3月、突然の大地震で屋根が壊れ、壁にはヒビが入りました。幸い、私も妻も無事でしたが、ここには住めなくなりました。そう、東北大震災と原発の事故です。私と妻は第一原発の30km圏内に住んでいたのです。

続きを読む

●肺腺ガンを宣告されたが『紫イペ』で改善し、経過も良好!

だるさが続くので受診したら肺腺ガンの宣告で目の前が真っ暗に

 平成25年に入ってすぐの頃から、何となく体がだるく、時おり咳も出るようになりました。何かしんどいと思いながら我慢していたのですが、なかなか改善せず、ちょっと料理に立っただけでも疲れが残るのです。これが6月まで続き、さすがにこの体調は何か異変が起こっているのかも…と気になり、かかりつけの病院を受診しました。偶然にもこれまでなかったレントゲン機械が導入されていたので、ついでに撮ってみようと思ったのが幸いでした。

続きを読む

●乳ガンが肺に転移した母『紫イペのちから』で症状改善!

飲用半年でガンと闘う母に変化が!

 『紫イペのちから』を、母(82歳)が愛飲しています。母の乳ガンが発覚した後、平成24年8月に肺に転移が見つかりました。その影響で咳が出たり、ゼイゼイと息切れするなどの症状が現れ、とても苦しそうでした。そばで見ている私たち家族もとても心配でした。

続きを読む

●数々の既往症を持つ私が、肺ガン治療に耐えられたのは『紫イペ』のおかげです!

タバコの吸いすぎで肺ガンになった!?

 私が肺ガンであると知ったのは、平成20年の9月のことでした。若いころに結核を患って肺を痛めていたにも関わらず、長年にわたって喫煙を続けていました。しかも、吸うのは1日60本。こんな状態でしたから、「肺ガンになってもおかしくないな」と自分でも納得してしまったくらいでした。平成10年ごろに脳梗塞を起こしたのをきっかけに禁煙はしていたのですが、40年以上の喫煙生活は確実に私の肺を蝕んでいたのです。

続きを読む

    class='wp-pagenavi' role='navigation'>
  • 1 / 5
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5