紫イペ情報館

大腸ガン

●予定されていた2回の手術が1回に軽減!!術後の経過も良好です

すでに肝臓へ転移していた!

 平成20年の6月、トイレに行くたびに下痢が続いていました。1ヵ月以上経っても、お腹の調子は悪いままで、のんきな私も不安になって病院へ行きました。 なんと、診断の結果は直腸ガン。しかもかなり進行しており、すでに肝臓へ転移もしていたのです。

続きを読む

●大腸ガン・肺ガン・脳腫瘍・転移を繰り返すガンと闘うため、「紫イペ」を選択

薬だけでは不安で「紫イペ」を選んだ

 私が初めてガンの手術をしたのは、平成17年7月のことでした。 そのときのガンは、大腸にできたものだったのですが、手術の1年6ヵ月後に、今度は肺にガンが転移したのです。そして、平成19年の2月に肺ガンの手術を行いました。しかし、平成19年の11月に、またもやガンが脳に転移していることがわかったのです。

続きを読む

●大腸と肝臓の腫瘍を摘出後も体調維持&副作用も一切なし

体調不良でガンを予感 腸に5cmの腫瘍発見!

 平成16年の8月ごろのことです。どうにも体の調子が悪くて知り合いの病院で診てもらったんですよ。そのとき、ガンじゃないかという予感があったので、先生に告げると「その通り。ガンだよ」という答えが返ってきました。小指の先、5cmほどのガンがみつかったんです。すぐに紹介してもらった別の病院でMRIなどの検査を受け、入院することになりました。手術は1ヵ月後に決まりました。

続きを読む

●発酵紫イペで直腸ガンがわずか3週間で跡形もなく消え去って、人工肛門の危機も回避できた!現在は喜びでいっぱいの毎日です!!

ポリープがガン化!人工肛門の危機に!

 私が直腸ガンを宣告されたのは、平成13年の末ごろのことでした。以前にポリープを切除したのですが、それがまた再発。3つできたポリープのうちの一つがガン化してしまったのです。

続きを読む