紫イペ情報館

乳ガン

●両胸が乳ガンに冒され、子宮筋腫にも!『紫イペ』で化学療法も楽に済み、再発なし!!

子宮筋腫の経過観察中、乳ガンに! 両胸が冒され、全摘手術を告げられ…

 2012年5月に婦人科で子宮の筋層内に3つのポリープが見つかりました。ドクターに「閉経するとポリープの成長が止まるか、小さくなる可能性が高いです。経過観察で定期的に検査していきましょう」と言われ、様子を見ることに。

続きを読む

●全摘も覚悟の乳ガンで化学療法と『紫イペ』を開始。辛いと聞いた副作用がほとんどなく、ガンも縮小!

しこりで気づいた乳ガンにショック!ステージ2bで術前の化学療法を

 2012年の秋でした。お風呂に入って体を洗っているとき、ふと左胸にコリっとしたものを感じました。気のせいかなと、改めて触ってみましたがやはり固く、どうやら“しこり”のようです。まさか、と血の気が引く思いでした、すぐに近所の病院で診てもらうと乳ガンの疑いを指摘され、乳腺専門の病院を紹介されました。生検がよくない結果だと言われてさらにCTやMRIなどの精密検査を受け、結果が分かったのは2013年の1月です。ステージ2bの乳ガンでリンパ転移の可能性もありました。この時点で乳房の全摘は免れず、術前薬物療法でガンを小さくし、それから外科手術で切除することを説明されました。

続きを読む

●『紫イペ』の飲用で抗ガン剤の副作用をシャットアウト!乳房の温存手術に成功しました

乳房の全摘出を拒否した

 「乳房に3.2cmのガンがある」、私がそう宣告されたのは、今年の3月末のことでした。胸にしこりがあることに気づき、近くの公的病院へ訪れたところ、案の定ガンと判明したのです。
 病院ではすぐさま手術をするようにとすすめられました。しかも、胸筋にまでガンが及んでいるため、乳房を全部摘出しなければならないといわれたのです。

続きを読む

●肺と頚椎にまでガンが転移・・・気功と抗ガン剤、『紫イペ』でガンが消失、体調も改善した

乳ガンが転移 肺に水も・・・

 昨年の春、友人が「最後の桜になるかもしれないから・・・」といって、私のためにお花見の会を開いてくれました。当時、五年半ほど前にわずらった乳ガンが胸骨、胸膜、頚椎に再発・転移していることがわかったのです。さらに右の肺にガンがあり、肝臓にまで転移・・・。そんな状態でしたから、私自身や家族、友人たちも、私の命がそんなに長くはもたないと思っていました。

続きを読む

●胸にできたガンのうち二つが消失、一つが縮小!虚弱体質も改善しました

胸に三つものガンが見つかった

 胸に引きつれるような違和感と痛みを覚えたのは、一昨年の暮れごろのことでした。病院へ行って調べてもらうと、乳ガンであることがわかりました。 ガンは胸筋に一つ、リンパ節に二つできており、ステージⅡの状態。通常、乳ガンで痛みを感じることはあまりないそうです。私の場合、ガンが周囲の細胞をひっぱったために痛みがでたとのこと。そのおかげで比較的早くガンだと判明したのです。

続きを読む

    class='wp-pagenavi' role='navigation'>
  • 1 / 3
  • 1
  • 2
  • 3