紫イペ情報館

体験談

92歳の高齢で膀胱ガンを発症!術後のケアも『紫イペ』で万全に!

定期健診で見つかった膀胱ガン、91歳で腹腔鏡手術に挑戦!

 長い人生を歩んで参りました。良いことも嫌なこともたくさん経験し、何とか齢90を超えました。よし、じゃあ100まで頑張ろうと思っていた矢先のことでした。2014年、年に1回の健康診断で胸のあたりに影が現れ、精密検査を受けることになったのです。初めてCTを撮ってもらったところ、膀胱ガンでした。この年でガンになるとは思わず、本当に驚きました。さすがにもうダメかと秘かに覚悟したのが正直なところです。

 かかりつけの先生が紹介状を書いて治療を勧めてくださいましたので、すぐに大きな総合病院の泌尿器科を受診しました。診断はやはり膀胱ガンでしたが初期でしたので、腹腔鏡手術という手術を受けることになったのです。この手術は体に負担が少ないとのことで、私のような高齢でも比較的、無理なくできるそうです。

 9月末、ドキドキしながら手術を受けました。目が覚めた後、やはり少し痛みがありましたが薬で抑えながら、しばらく病院で過ごすことになりました。主治医の先生が「安心してください。ガンは全部、きれいに取れましたよ。もう大丈夫です」と言ってくださったのを聞いて、やっとホっとしたのです。

 

3カ月ごとの定期検診に不安も『紫イペ』で健康を守れると確信!

 手術後の経過も良く、無事に退院しましたが、3カ月ごとの定期検診が欠かせなくなりました。定期検診を受けなければならないと聞いたときから、転移していたらどうしよう、再発したらどうしようと不安でたまらなくなりました。そんなある日、病院で健康雑誌を読んで『紫イペ』の体験談が目に入ったのです。たくさんの方のガンが治っていたり、改善したりしていたので、これはきっと私にもいいはずだと思って購入することにしました。家族は「そんなもの効くの?」と笑っていましたが、私は信じてみたかったのです。

 カプセルタイプを注文し、1回3粒ずつ、朝昼夜と1日に9粒飲むことにしました。それから最初の定期検診の日、ビクビクしながら結果を聞いたのですが、「大丈夫、健康体ですよ」の言葉に心から安心し、家に帰って思わず『紫イペ』に合掌してしまったほどです。

 年を取るとちょっとしたことで気弱になりがちですが、そんな私に『紫イペ』が気力を与えてくれました。もう少し頑張れると思える力を持たせてくれたことは、大きな支えになっています。おかげさまでその後の体調も万全です。本当にありがとうございました。

 

東京都在住 津村幸子さん(92歳)

ご愛飲者様からのお声vol.⑪より抜粋