紫イペ情報館

その他疾患

3才の娘のかゆみを伴う発疹が【紫イペ】のクリームを塗った翌日から改善し、1ヵ月後にはきれいに

翌日から赤みがとれ始め2週間後には肌もしっとり

 昨年の夏が過ぎたころから、3才の娘の両ひじの内側、足くびの前面、膝の後ろがカサカサし始めたのです。かゆいので、娘はかきます。それで傷を治そうとしても、かゆみがまさるのでまたかいてしまい、傷も治らないまま。

 そんなことがつづいて、症状はどんどん悪くなっていきました。夜もかゆいので、ぐずります。どうすることもできず、途方にくれていたとき、職場の同僚から教えられたのが【紫イペ】のクリームでした。

 最初は効果があるかどうかもわからなかったので、試供品をいただき、朝晩、患部に薄くつけるようにしました。

 夜は入浴後、朝は起床時に塗ったのです。
すると、翌日からグングン患部の赤みがとれ始め、1週間後には元のしっとりした素肌が戻ってきたのです。

 夜中にかゆくて起きることもなくなり、本人も家族もぐっすり眠れるようになりました。
 いまは症状もないので塗っていませんが、「つければ改善する」というものがあるのは心強いですね。
 いまでは、【紫イペ】のクリームは、わが家の“常備薬”といった感じです。

宮城県 高木智子さん(65歳)

健康雑誌 「健康」 2008年 1月号より抜粋