紫イペ情報館

体験談

1カ月で空腹時血糖値が200から100の正常値に下がった!

 私はトラックの運転手なんですが、常日頃からノドの渇きや体のだるさを感じていたのですが、それは仕事の疲れのせいだろうと思っていました。ところが、友人にその話をすると「糖尿病かもしれないから、一度、血糖値をはかったほうがいいよ」と言われ、急に何だか心配になってきたんです。そこで、薬屋で検査キットを買ってきて自分ではかってみると、何と血糖値が360もあったのです。私の仕事は体が資本ですから、病気になっては仕事ができません。すぐに病院に飛んで行きました。

 病院の検査の結果は、空腹時血糖値が200(正常値:110㎎/dl未満)、血圧が最高血圧160-最低血圧100(正常値:最高血圧140㎜Hg未満、最低血圧90㎜Hg 未満)、体重が89㎏で、案の定、医師から「糖尿病です」と告げられました。食事療法と薬物療法で治療することになり、糖尿病について勉強しようと本を探していたときに、「紫イペ」の本と出会いました。
 そこで病院の薬と併用して、「紫イペの高濃度エキス」を朝・昼・晩のそれぞれ食前に5粒ずつ、合計1日15粒を飲むようにしました。体に変調をきたしているときは、多く飲むのがいいということなので、1日15粒から始めることにしたのです。
 飲み始めて1カ月ぐらいに病院で検査がありましたが、大量に飲んだのがやはり功を奏したのか、血糖値が100、血圧が130-80と正常値に下がっていました。医師は何とも不思議そうな顔をして、「薬が少し効きすぎているみたいですね」といい、2錠飲んでいる薬を1錠に減らすことになりました。
 それから体のだるさやノドの渇きもなくなり、尿にも糖が出なくなりました。もちろん、その後も1カ月1回の病院検査で、血糖値も血圧も正常値を保っています。現在でも「紫イペの高濃度エキス」を1日5粒に減らして飲んでいます。
 「紫イペの高濃度エキス」の効力は本当に凄いものです。それを実感しながら、運転手の仕事を毎日、元気に頑張っています。

 

A.Hさん 三重県在住(51歳・男性)

書籍『97人の真実の証言集!難病でもあきらめない!高濃度「紫イペエキス」で回復した!』より抜粋