紫イペ情報館

体験談

2度目の舌ガンは抗ガン剤の副作用もなく回復も早かったです

 平成9年4月にものを食べている時に、下顎から右の頬にかけて違和感があり、「あっ、またか」と思いました。3年前に舌ガンにかかり、その時は抗ガン剤治療でなんとか事なきを得たのです。病院に行ってお医者さまにみてもらうと、やっぱり「舌に腫瘍がある」という診断でした。驚いたことに再発ではなく新たにできたとのこと。唖然としてしまいました。あのつらい抗ガン剤治療をまた受けなければならないと思うと気が重く、ガンがほんとうにうらめしく思えたものです。

 お医者さまが手術を勧めるのですが、いくらおばあちゃんになったとはいえ、女であることに変わりありません。顔にメスを入れるのは死ぬほどいやでした。どうせ死ぬのなら、きれいな顔のままで死にたい。本気でそう思ったのです。

 そんな時、いっしょにダンスを習っているお友達が「紫イペエキス」を紹介してくれました。とにかく手術しないですむのならと、祈るような気持ちで飲み始めたのです。1日に400ccの水に「紫イペエキス」のお茶のタイプ2包(10g)の割合でこしらえたものを飲みました。

 するとたちまちからだに変化が起こりました。まず尿の量が多くなったのに驚かされました。この時に「効きそう」な予感がしたのをよくおぼえています。

 その後、入院して抗ガン剤の治療を受けることになりました。ところが、今度は前回の時と違って、治療が終わった後のだるさが全然ないのです。前の時には抗ガン剤を打つと、しばらくは動くこともできなかったのです。お見舞いに来てくれるお友達や家族にあいさつもできませんでした。何度も吐き気やめまいに襲われたのです。

 でも今度の治療では、そんなことも全然なくて、治療後にベッドから立ち上がって、テレビを見にも行けましたし、見舞いに来てくれた孫の相手をすることもできたのです。副作用が軽かったばかりか、回復も早くて、4回の予定だった抗ガン剤を3回で切り上げ、1ヵ月半で退院することがでさました。もうガンはこりごりです。「紫イペエキス」ならきっと再発を防いでくれると信じて、今も愛飲させていただいております。

 

Nさん 東京都葛飾区(60歳・女性)

書籍『100人が実証「紫イペエキス」でガンが治った!』より抜粋