紫イペ情報館

体験談

飲み続けていたら「膀胱ガン」が消えました

 私が友人の紹介で紫イペエキスを知ったのは、もう5年ほど前になります。

 私はその年、「膀胱ガン」を患いました。気づかないうちにかなり進行した状態で見つかって、手術は不可能との医師の判断で、抗ガン剤治療が施されることになったのです。
 ところが、年も年でしたので、抗ガン剤の副作用で、ごはんも食べられなくなるし、むりやり食べると、もどすわで、これではいかんとすぐにやめにしてもらいました。
 引き止める医師を振り切って、痛み止めの薬だけもらって、家に戻ったんです。
 ちょうどそんなときに、たまたま友人から「紫イペの高濃度エキス」を教えてもらいました。原料はブラジル原産の紫イペという樹木の皮だそうです。名前がとても神秘的な感じで、免疫力を高め、ガンにもいいというふれこみでした。健康食品なら副作用の心配もないと思い、飲むことにしました。それから、もう5年紫イペエキスをずっと飲み続けています。
 最初の頃、とにかくからだの調子がよくなりました。抗ガン剤でなくなっていた食欲が戻り、ごはんがおいしく食べられるようになって、しだいに体力も回復しました。
 それから半年もすると、おなかが痛くなくなったんですよ。痛み止めを飲まなくてよくなって、病院から足も遠のいたんです。
 で、それからもずっと体調がよくて、3年ぐらいたって、病院で検査したら、ガン細胞がなくなっているというんです。医師は私の昔のカルテを食い入るように見ながら、「どうなっているんですかねえ」といって、首をひねっていましたよ。
 医師は膀胱があるかぎり再発の可能性があるので、気をつけるようにいっていましたが、紫イペエキスがあれば大丈夫のような気がします。

 

Y.Hさん 静岡県在住(82歳・男性)

書籍『ガンが治った!100人の証言』より抜粋