紫イペ情報館

体験談

酸素ボンベを使う生活……。 呼吸が楽になり、顔色もよくなりました

 主人の病気は、肺線維症による呼吸不全です。肺の機能が低下していますので、速く動いたり、急いで話したり、重いものを持つと呼吸が乱れます。酸素不足になって空咳が出始め、止まりません。そんなときは酸素ボンベを使うのですが、ひとまず、静かに暮らしていれば特に何の問題のない状態ではあります。ただ、顔色がものすごく悪く、とてもくすんだ肌色をしています。

 『紫イペの高濃度エキス』のことは新聞の本の広告で知りました。いろいろな病気に効くということですが、本当にそうなのか。正直いって半信半疑でしたが、試してみることには主人も同意してくれましたので、取り寄せることにしました。
 飲み方は1日朝5粒、夕方5粒の合計10粒から始めることにしました。健康改善にはある程度の量を飲んだほうがいいということでしたので、経済的には少々負担はありましたが、それで健康になるのならお金には代えられません。
 飲み始めてから2カ月ほどで、くすんでいた顔色が徐々に健康的な肌色に近い色になり、以前とは比べものにならないくらいよくなりました。酸素ボンベを使う回数もグンと減り、食欲も出てきました。ただ、お風呂に入るときだけはまだ5分がせいぜいです。体が温まるのがいけないのか空咳が出始めるのです。
 肺線維症は、いつガン化してもおかしくない病気です。検査は定期的にくり返していますが、まだガンは生じておりません。これも紫イペの高濃度エキスが予防的な効果を発揮したからではないかと、主人と話しております。これからはお風呂に入っても咳が出ないように、もう少し飲み方工夫をしてみようかと考えております。

 

Y.Hさん 千葉県在住(75歳・男性)妻談

書籍『ガン・難病治療の新たな選択!高濃度「紫イペエキス」100人の証言』より抜粋