紫イペ情報館

体験談

進行が止まったガンとの共生をめざしています

 紫イペエキスのおかげで、最近風邪もひかなくなり、体調もすこぶる良好です。先日も友人たちと3泊4日の北海道旅行に行ってきたばかりです。

 平成11年2月に検査の結果、肝臓の2カ所にガンが見つかりました。
 私は平成7年4月に静脈瘤が破裂して突然吐血。その時に急性肝硬変で1カ月入院しました。退院してから15週間後にまた吐血。その時は40日間の入院でした。その後、平成11年4月までに11回の入退院を繰り返して、挙句の果てが「肝臓ガン」の診断でした。
 そんな時、平成11年3月から友人から紹介してもらった紫イペエキスを飲み始めました。
 病気の連続で、これまでにもいろいろな栄養補助食品や健康食品などを試しました。そのうえ病院からも、薬を3種類ほどもらっていました。経済的にもかなりの負担ですが、健康食品のなかに免疫力を高めるはたらきがあるものがあることを承知していました。何よりも命にはかえられません。さっそく紫イペエキスを試してみることにしたのです。
 私が飲んだのは紫イペエキスを粉末にしたタイプです。朝、昼、晩の1日3回、1回に大さじ1杯ですから、毎月3箱のペースで飲み続けました。
 飲み始めて1カ月がたった4月の末に検査を受けました。ガンは1カ所が治療でよくなったようです。もう1カ所は小さいせいでしょうか、6カ月たった現在でもそのままの状態です。
 おそらくは紫イペエキスがガンの進行を止めてくれているのだと思います。このまま大きくならないで、ガンといっしょに天寿をまっとうできたらと願っています。
 最近は夜寝る前に紫イペエキスを大きなスプーンで山盛りにして1杯、朝、昼はすり切り1杯と、飲み方を工夫したり、自分の体調に合わせて飲む量を調整しています。

 

O.Sさん 宮城県在住(65歳・男性)

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋