紫イペ情報館

体験談

進行が早いはずの肺線維症が、8カ月後の検査でも進行せず!

 昨年、検査を受けたときに、肺機能は正常だったのですが、CT(コンピュータ断層撮影法)で肺線維症に特有の影が見られました。肺線維症というのは、原因が不明で、肺全体に線維性変化といって、ヤケドのあとのひきつれに似た変化が見られ、進行すると呼吸困難に陥るということです。

 本で『紫イペの高濃度エキス』が原因不明の病気にも効果があることを読んで、私も飲むことにしました。
 最初の2カ月はたくさん飲んでみようと思い、1日3回3粒ずつ計9粒を飲用しました。それからは、1日3粒を、朝食後にコップ1杯の水と一緒に飲むようにしています。
 肺線維症といわれてから8カ月ぶりに検査を再び受けましたが、その結果、「進行していません」との診断でした。この病気は、進行の早いのが特徴らしく、私のようなケースは珍しいといわれました。私としては、紫イペの高濃度エキスの効果に違いないと確信しています。
 しかし、肺線維症に特有の影が消えているわけではないので、これからも引き続き、紫イペの高濃度エキスを飲用していこうと思っています。そして、肺の機能に異常が出てきたら、そのときは1日3回3粒ずつに増やそうと、いまから心づもりをしています。紫イペの高濃度エキスを飲めば、ちゃんと期待に応えてくれると信頼しています。

 

F.Kさん 島根県在住(77歳・女性)

書籍『97人の真実の証言集!難病でもあきらめない!高濃度「紫イペエキス」で回復した!』より抜粋