紫イペ情報館

体験談

術後驚異の回復力で抗ガン剤の治療も中止に!

 人間ドックで大腸ポリープと直腸ガンが見つかりました。偶然なのですが、その日、たまたま友人から「紫イペ」のことを教えてもらっていたのです。そこで、すぐにガンだとわかったと同時に、紫イペの飲用を開始しました。

 医師からは、すでに肝臓への転移があること、術後1年間は週に1度の抗ガン剤治療が必要になるだろうとの宣告を受けました。「たちの悪いガンになってしまった…」と、妻も私もお先真っ暗な気分になりました。

 その後に手術を受けたのですが、紫イペエキスを飲んでいたせいか、術後の回復も順調でした。私が元気なので、見舞いに来た友人や知人たちが驚いていたほどです。退院してからは、便の回数が多くなったものの特別な不調はなく、仕事ですぐさま上海へ出かけたぐらい素早い回復ぶりでした。

 手術前に医師から宣告されていた抗ガン剤の使用も行われていません。体調はすこぶる良好。すっかり元気になった私を見て、妻はきつねにつままれたようだといっています。

 

大阪府在住 O・Mさん(54歳)