紫イペ情報館

体験談

薬物療法との併用でガンが半分まで小さくなりました

 3年ほど前に、尿が出にくくなったので病院で検査してもらったところ、「前立腺ガン」とわかりました。病期はCだそうで幸いなことに転移はないとのことでした。医師からは、手術をするようにと勧められましたが、年も年ですし、手術は勘弁してもらい薬物療法で治してもらうことにしました。

 いつもの囲碁クラブで碁を打ちながら友人にその話をすると、「いいものがある」といって、紫イペエキスの話をしてくれました。その友人も以前に前立腺ガンをわずらったことがあり、それ以来ずっと飲んでいて調子がいいのだといいます。
 さっそく私も紫イペエキスのカプセルタイプを取り寄せて、1日15粒ずつ飲むようになりました。もともとたいした自覚症状があったわけでもなかったので、あまり体調に変化は感じなかったのですが、それでも疲れにくくなったような気がしたのをおぼえています。
 医師からは検査の度に少しずつよくなってきているといわれていましたが、このあいだの検査で、ガンが半分近く小さくなっているとのことでした。 
 薬物療法を始める前に、医師が「この薬はいずれ効かなくなります」といっていたのに、ガンが小さくなっているのですから、3年間飲み続けている紫イペエキスのおかげだと思います。

 

S.Hさん 東京都在住(75歳)

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋