紫イペ情報館

体験談

膠原病にかかった娘が『紫イペ』で健康を取り戻し、明るく元気に心からうれしく思う毎日です!

幼稚園に通う娘が小児膠原病に!

「お母さん、腰やヒザが痛いの」。娘の麻里奈がそういったとき、不安感を覚えました。というのも、麻里奈はまだ5歳。ケガでもない限り、腰痛やヒザ痛とは無縁の年齢です。元気もなく体もだるいというので、病院へすぐに連れて行きました。

 最初の病院では原因がわからず、違う病院で診断を受けたところ、娘が膠原病(強皮膚症)にかかっていることがわかったのです。すぐさま入院し、投薬治療が始まりました。

 私は医療関係の仕事をしているのですが、小児膠原病は大人の膠原病よりもやっかいなのだと聞きます。

 初期症状が倦怠感や体の痛みで、わかりづらいうえ、子供たちは自分の症状をうまく話すことができません。また、膠原病に多く見られるレイノー症状(寒さに対し血管が過剰に反応し、手足の指先が真っ白になる)をしもやけなどと勘違いし、気づいたときにはすでに内臓にまで硬化が進んでいた、ということが少なくないそうです。

 麻里奈の場合は、発見が早かったのが幸いでした。幼い我が子が難病を患うなんて信じられない思いでいっぱいになりましたが、母である私がめそめそしてる訳にはいきません。「なんとしてでも、娘を病から守ろう!」と、心に決めたのです。

 膠原病などの難病には、西洋医学だけでは太刀打ちできないと思い、代替療法やサプリメント等も多数活用することにしました。でも、思ったような効果は得られず、良くも悪くもないといった感じだったのです。

 

抗体がぐんぐん下がり正常値に

 『紫イペ』を知ったのは、とある健康雑誌の記事でした。代替療法のセミナーでさらに『紫イペ』の詳しい話を聞き、娘に飲ませることにしたのです。

 摂り始めて半年。疲れを訴えなくなり、風邪をひいたり熱を出すこともなくなりました。冷たいものを飲むと具合が悪くなっていたのですが、それも解消したのです。

 以前は膠原病のせいで、激しい運動もできず、プールにも入れませんでした。でも、『紫イペ』を摂り続けた結果、小学校2年生になるころにはすべてできるようになったのです。

 それ以来、生まれ変わったように元気になり、小学校は皆勤賞。毎日、走り回っています!
 抗体は一生下がらないと医師からいわれていました。しかし麻里奈の場合、硬化抗体が800~700から300~200に下がって、現在は正常値をキープしています。

 今年、娘は小学校6年生になります。初期にあった皮膚硬化や色素沈着もほとんどなくなりました。いわなければ娘が膠原病だとは、誰も考えないでしょう。『紫イペ』の効果を信じて今でも飲ませ続けています。思いもよらないほど元気に成長してくれてありがとう!がんばった娘と紫イペに、心から感謝する毎日です。

埼玉県さいたま市在住 桑田英子さん(38歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2007年 5月号特別付録より抜粋