紫イペ情報館

体験談

膀胱ガンの手術後、抗ガン剤の副作用も軽減された。79才で元気に仕事ができるのも【紫イペ】を飲んでいるから

リンパにあった2つのガンが小さくなっていた

 家族とともに会社を経営していますので、79才になった現在でも仕事のことが頭から離れません。いまも会社にいるときが一番落ち着くんです。妻はゆっくり家にいてください、といいますが、帳簿などを見に会社へ出ています。

 こうした日々を送れるのは、【紫イペ】のおかげですね。というのも、平成17年9月に膀胱ガンの手術をしたのです。

 この年の夏、夜中に3回もトイレに行くようになっていました。当初は、70もだいぶ過ぎたのだからしかたないだろう、くらいに思って、近くの町医者に通っていましたが、あまりにもトイレに行かなければならないので、大きな病院で診察してもらったら、膀胱腫瘍と前立腺肥大と診断されたのです。

 これに前後して、親類から教えてもらったのが【紫イペ】でした。さっそく1日に25粒から30粒飲み始めました。

 すると、手術の前にCTスキャンを撮ったとき、医師から「ガン細胞が少し小さくなっている」といわれたのです。リンパのほうにも小さいガンが二つあったのですが、それが小さくなっていたのです。これは【紫イペ】の力だ、と思いました。

 手術のあとの抗ガン剤による治療でも、副作用による脱毛こそ始まりましたが, 苦しまずにすみました。小さくなったとはいえガンはリンパにも進んでいましたので、手術をしても再発や転移の不安があったのですが、無事に乗り切ることができました。

 じつは尿の袋をつけていますので、現在も3日に一度、病院に通っていますが、いたって元気です。いまは【紫イペ】を朝、昼、晩に2粒ずつ、1日に6粒飲んでいますが、【紫イペ】の力には、ただただ驚くばかりです。

 

石川県 金田次郎さん(79歳)

健康雑誌 「健康」 2008年 3月号より抜粋