紫イペ情報館

体験談

腹水が消えて腫瘍マーカーも正常値になりました

 平成10年5月に「卵巣ガン」と診断されました。左右両方の卵巣が大きく腫れあがっているのだそうです。その宣告を聞かされた時には、スーッと全身の力が抜けていくような感じでした。卵巣を摘出してしまうのはいやです。でもほうっておいたら死んでしまう、結婚を約束した彼もいるのに…。病院からどうやって家に戻ったかおぼえていません。帰ってから、母といっしょに泣いたことだけおぼえています。両親ともいろいろと話し合い、手術を受けることにしました。

 手術は成功しました。手術後に「ガンの予後にいい」と病院の先生に勧められたのが、「紫イペエキス」のパウダータイプとカプセルタイプでした。
 パウダータイプを小スプーンで1日2杯。カプセルタイプを1日5~6粒ずつ飲みました。
 飲み始めると、それまでの便秘が治り、毎朝お通じがあるようになりました。それ以前に、ビタミン剤とザクロエキスを飲んでいたのですが、便秘はよくならなかったので、やはり紫イペエキスの効果だと思います。
 手術後1カ月後に退院してからも、月に1度病院で検査しながらの生活が始まりました。手術から数カ月後に体調が悪くなり、腹水が溜まってしまいました。その時に弱い抗ガン剤を定期的に点滴することになり、抗ガン剤の点滴はすごく痛いので、カプセルタイプを2時間おきに2粒ずつ飲みました。すると不思議と痛みが軽くなりました。
 紫イペエキスを飲み続けて4カ月後には、腹水もなくなり、腫瘍マーカーの値も正常値を示すようになりました。
 紫イペエキスを飲み始めて9カ月になります。現在ではすっかり腹水が消えて、落ちついた状態が続いています。無理な運動はできませんが、散歩や買い物程度なら、普通にできるし、疲れることもありません。これも紫イペエキスのおかげと感謝しています。
 再発の危険もあると先生にいわれているので、これからもずっと紫イペエキスで、再発しないようにしたいと思います。

 

K.Kさん 新潟県在住(27歳)

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋