紫イペ情報館

体験談

腫瘍マーカーの高い値でわかった前立腺ガンが、3カ月で正常になりました

 会社で受けた健康診断で、前立腺の腫瘍マーカーの値が9.5と出ました。正常値は4以下ということですから、明らかに高い値です。泌尿器科で精密検査をすることを勧められてしまいました。

 確かに、2年ほど前から排尿時に違和感がありました。「前立腺肥大か…?」と時々脳裏をかすめることはありましたが、症状といえばその程度でしたから、さして気にもしていなかったのです。ところが、精密検査を受けてみると、1センチ以上の腫瘍が見つかり、前立腺ガンと診断されてしまったのです。
 ガン。その言葉に血の気が引く思いでした。体にメスを入れたことなどこれまで一度もなく、健康そのもので過ごしてきましたから、とにかく不安でたまりませんでした。それに一度体にメスを入れると、体力も落ち、さらにいろいろな病気を発病するのではないかという不安もありました。できれば手術はしたくない。そんな思いで見つけたのが紫イペの高濃度エキスだったのです。
 さっそく取り寄せて、飲むことに。病気を改善するためには量を多めに飲んだほうがいいとのことでしたから、毎食後に3粒ずつ、1日9粒飲みました。すると、3カ月後の検査で腫瘍マーカーが2.5に低下していたのです。さらに調べてみると、ガンの形跡が見つからないというのです。はっきりいって、信じられない思いでした。
 医師からは手術の必要はないといわれて、ホッとしました。でもまだ、私としては完全には安心できなかったので、引き続き紫イペの高濃度エキスを飲み続けています。飲んでいると、安心です。時々検査を受けていますが、ガン細胞は見つかっていません。

 

T.Eさん 静岡県在住(53歳)

書籍『ガン・難病治療の新たな選択!高濃度「紫イペエキス」100人の証言』より抜粋