紫イペ情報館

体験談

腫瘍マーカーの数値が10から0.4まで下がって安定した!

いまから7年前、70歳のときに、前立腺肥大の内視鏡手術をしました。

それで治ったと思ったんですが、術後3年過ぎた頃から、また調子が悪くなって検査を受けたところ前立腺の腫瘍マーカーの数値が10と出ていました。「腫瘍マーカーが14以上になると、前立腺ガンの恐れがある」ということです。このまま数値が上がって、ガンになっては大変という気持ちから、病院の薬を飲むのはもちろん、自分自身でも前立腺肥大に効果のある何か健康食品を飲みたいと思いました。そんなとき、「紫イペの高濃度エキス」が前立腺肥大にも、前立腺ガンの予防にも効果があることを知ったのです。
 ガンの恐れをなくすには、腫瘍マーカーを0にする必要があるので、少し多めに飲用することにして、「紫イペの高濃度エキス」を1日10粒飲み始めました。
 徐々に腫瘍マーカーの数値は確実に下がり、飲み始めたときに10であったのが、1年後には0.4にまで改善されました。0.4になった時点で、「紫イペの高濃度エキス」の量を1日3粒に減らしました。
 腫瘍マーカーの数値がずっと安定していたこともあって、その後、「紫イペの高濃度エキス」を飲むのを休み、病院の薬だけにしました。すると、数値がまた徐々に上がり始めたのです。
 こうしたことがあって、その後はずっと飲み続けています。おかげで腫瘍マーカーの数値は安定しています。「紫イペの高濃度エキス」の効力を改めて再確認することとなりました。

Nさん (77歳・男性)

書籍『97人真実の証言集!難病でもあきらめない!高濃度「紫イペエキス」で回復した!』より抜粋