紫イペ情報館

体験談

胸にできたガンのうち二つが消失、一つが縮小!虚弱体質も改善しました

胸に三つものガンが見つかった
 胸に引きつれるような違和感と痛みを覚えたのは、一昨年の暮れごろのことでした。病院へ行って調べてもらうと、乳ガンであることがわかりました。 ガンは胸筋に一つ、リンパ節に二つできており、ステージⅡの状態。通常、乳ガンで痛みを感じることはあまりないそうです。私の場合、ガンが周囲の細胞をひっぱったために痛みがでたとのこと。そのおかげで比較的早くガンだと判明したのです。

 まずは、ホルモン療法からスタートしました。残念なことに効果が出ず、抗ガン剤に切り替えられました。同時に信頼している整体師の先生に相談し、西洋医学以外の治療法、代替医療などの治療を行うことに。その一環として教えていただいたのが、『紫イペ』だったのです。

 お値段も安くはありませんし、「本当に効き目があるのだろうか」と内心、不安にも思いました。しかし、いままでずっとお世話になり、本当に私の体のことを考えてくださる先生の紹介だったので、思い切って飲用してみることにしたのです。

 

脱毛がストップ!ガンが縮小&消失

 『紫イペ』は、1回目の抗ガン剤投与を終えた直後ごろから飲み始めました。抗ガン剤の副作用でひどい脱毛が起こっていたのですが、『紫イペ』を飲んだら、わずか数日でピタリと止まったのです。「あっ、これは『紫イペ』が効いているんだ!」と実感することができました。

 その後も、『紫イペ』を飲用しながら、抗ガン剤治療を継続しました。私と一緒に抗ガン剤治療を受けていた患者さんの中には、副作用でかなりつらい思いをしている方もいらっしゃいました。そんな方と比べると、私は吐き気が一回起こったぐらい。おおむね副作用になやまされることなく、普段どおりの生活を送りながら、抗ガン剤治療えお無事完了できたのです。

 治療後に行った検査では、三つあったガンのうち、小さな二つが消失。残った一つも2.7cmから1cmに縮小しました。

 抗ガン剤の治療を終えた後、昨年の八月にリンパ摘出の手術を行いました。術後の経過も良好で、現在のところ体に異常はまったく感じていません。

 以前は疲れやすく、すぐに風邪をひいて寝込んでいました。ところが、今は疲れもたまりませんし、風邪もひきません。『紫イペ』をはじめ、積極的に取り入れた代替治療のおかげで体質改善し、ガンになる前より体が丈夫になったのだと思います。

 今、私には夢があります。ガンになった方が、最新の西洋医学による治療のほか、さまざまな代替医療や統合医療を総合的に受けられる施設の設立です。ガン患者さんにとって西洋医学での治療は必須です。でも、それだけでは足りないのです。ガン患者さんの多くは、「少しでも体が楽になったり、治療効果を上げる方法を試してみたい」と思っているはず。私を含め、そんなガン患者さんたちの思いを形にした施設を作りたいのです。

 大変だとは思いますが、実現に向かってがんばります!

 

東京都世田谷区在住 石川 愛さん(47歳)

健康雑誌「はつらつ元気」 2009年5月号より抜粋