紫イペ情報館

体験談

胃ガンを切除した6年目に再発、抗ガン剤と『紫イペ』で順調に回復!

初期の胃ガンで3分の2切除、丸6年を過ぎて再発したが…

65歳で定年し、のんびり好きなことでもやって過ごそうと楽しみにしていた2011年の10月。しばらく前から胃が不調で、食事が進まないという状態が続きました。近隣の開業医を訪ねて内視鏡検査を受けると、ガンセンターを紹介され、覚悟しました。精密検査の結果、やはり胃ガンでステージ1の初期段階。すぐに手術を受けました。

3ヶ月ごとの定期健診も問題なく、もう安心かなと思った2017年の10月。健診で引っかかりPET検査を受けることに。間違いであってくれと祈る思いで結果を待ちましたね。病理検査ではやはり再発。しかもリンパ転移という形で見つかって気分は最悪でした。ガンは何年経っても安心できないのだなと実感しました。 

手術不可で化学療法に頼るのみ、『紫イペ』で順調に回復へ!

 今回は再発ガンなので手術できず、とにかく化学療法に頼るのみですから不安で仕方ありません。そこで思い出したのが兄のことでした。何年も前に実兄がステージの進んだ大腸ガンを患ったのですが、このとき標準治療と併用して『紫イペ』を飲み、見事にガンを克服したという出来事があったのです。                      

  朝昼晩と10粒、1日30粒を飲み、化学療法に臨みました。抗ガン剤の点滴を受けて、錠剤を2週間服用し、1週間体を休めることの繰り返しという治療スケジュールでしたが、『紫イペ』のおかげなのか、聞いていたほどの辛い副作用はありませんでした。      

 ただ、手足のしびれと喉がひりつく症状がありましたが、吐き気などはなく、食事も取れて体力を落とさずに済んだのは幸いでしたね。多少、不快な症状があっても、『紫イペ』が抗ガン剤の効果を上げてくれていると思うと勇気が出て、乗り切ろうという強い気持ちになるのです。                                 

 前向きな気持ちで病気と闘ってきたせいか、その後、定期健診でもずっと良い状態にあります。再発の治療を開始してもう10ヶ月過ぎました。先週、CT検査を受けたのですが、結果も素晴らしく、リンパ浮腫が消えていて改善しつつあると言われ、嬉しかったですね!                                      

 現在、『紫イペ』は1日15粒を飲んでいます。最初は再発したガンは手術ができないと言われて絶望しました。でも、抗ガン剤と『紫イペ』でここまで改善できるとは本当に驚きです。副作用はまだありますが、対症療法の投薬治療を受けて軽減できていますし、何よりイペが守ってくれていると思うと、体の底から元気が出てくる気持ちなのです。                     

 もうしばらく抗ガン剤治療は続きますが、きっとこのまま寛解すると大きな希望を持っています。それまで、『紫イペ』のサポートでしっかり標準治療を受け、毎日の生活も楽しみたいですね。    

 

埼玉県在住 塚本 義郎さん(72歳)                              

ご愛飲者様からのお声vol.⑳より抜粋