紫イペ情報館

体験談

胃ガンと前立腺ガン、二度の手術でボロボロになった体が紫イペの飲用ですっかり回復

再発ガン闘病中に前立腺ガンが!
 平成7年の春から、尿の出が悪くなり、残尿感を感じるようになりました。夜中もしきりにトイレに起きてしまい、専門医で診療を受けた結果、前立腺ガンと診断されたのです。

 実を言いますと、その5年ほど前に、私は胃ガンの手術を受けていました。退院後はガンの再発におびえる日々でした。案の定、3年目に再発。入院しましたが、2度目の手術ができず、抗ガン剤で、ガンと闘う日々が続きました。その後退院はしたものの、体調は優れず、暗い気持ちで毎日を送っていました。

 いろいろな健康食品や栄養剤、民間療法など、他人様にすすめられるままに飲んだり、試したりしましたが、大した効果はありませんでした。

 そこにきて、今度は前立腺ガンです。またもや入院して手術することになり、約3週間の入院生活を送りました。

 しかし、手術後も体調はよくならず、頻尿や残尿感も残ったままだったのです。

 

術後の体調がみるみる回復!

 『紫イペ』を知ったのは、平成7年の秋のことでした。親しくさせていただいている治療院の先生からお話を聞き、また、本も読ませてもらって、半信半疑ながら飲み始めたのです。

 すると、2ヵ月目くらいから、尿の出が大変よくなりました。また、残尿感がなくなり、夜中に何度もトイレに行くこともなくなったのです。

 日を追うに従って、体調がよくなり、病院の先生も私の回復ぶりに目を見張り驚いておられました。

 おかげさまで現在では、ほとんど健康体と言っていいほどです。これも紫イペのおかげと喜んでおります。

 紫イペのことを、「神からの恵みの木」と呼ぶアマゾンの人々の気持ちがわかります。紫イペの持つ大きな効力を日々実感しながら、元気で長生きできるように、欠かさず飲んでいきたいと考えています。

 

熊本県在住 M・Sさん(71歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2006年 8月号より抜粋