紫イペ情報館

その他疾患

肺ガンの術後、1年で副腎に転移。『紫イペ』が抗ガン剤の効果を上げた!

健診で肺ガンが見つかった!パニックに陥るも手術で無事に生還!!

 もともと体力のある私は健康にも自信があり、充実した壮年期を楽しんでいました。2013年春、会社の健康診断でひっかかった時もたいしたことないだろうと、気軽な感じで近くの病院に精密検査を受けに行ったのです。

 検査の結果、初期の肺ガンを告知されたときはパニックに陥りましたね。思ってもいなかったので、どうしたらいいのか分からず混乱しすぎて、前後のことをよく覚えていないほどです。ただし初期だということもあり、妻と娘は意外と冷静に受け止めていました。とにかく治療すれば治るんだから、と励ましてくれたので私も徐々に落ち着きを取り戻していったのです。家族の有り難みを実感した最初のエピソードといえます。

 この時はとにかく一刻も早く切除しましょうといわれ、7月に手術を受け1カ月の入院で復帰できました。腫瘍が小さく、リンパ転移もなかったので抗ガン剤の必要もなかったのが幸いしました。その後2カ月に1度、定期健診を受けましたがレントゲンだけでしたので少し不安を感じていたのです。

 

1年後副腎への転移ガンを発見。『紫イペ』と抗ガン剤で立ち向かう!

 嫌な予感が的中したのは1年後でした。2014年7月の検査で、左副腎にまさかの転移ガンが見つかったのです。しかも4cmという大きさ。検査の不十分さを懸念していた私は即座に転院を申し出て、ガン専門の病院を探し、紹介状を書いてもらいました。

 さて治療ですが、今回は抗ガン剤でまず縮小させることとなりました。この時、知人から紹介されたのが『紫イペ』だったのです。ガン治療の助けになると聞き、藤本病院の院長の本も読みました。確かに私の病態にも合いそうでしたので、信じてみようと思い粉末タイプを購入。朝昼晩の食後と就寝前、スプーンに1杯ずつ飲むだけでよいので楽でした。

 抗ガン剤の辛さはよく聞きますので覚悟していました。私の場合、入院して抗ガン剤の経過観察を行ったのですが、数日間の食欲不振と軽い湿疹が出たくらいで、不快な症状に悩まされることはほとんどありませんでした。2回目の治療は通院で受け、会社にもしっかり通って仕事ができています。生活に支障のないことが本当に嬉しかったです。

 体力や免疫力があることも良かったようで、薬はよく効きました。『紫イペ』の自己治癒力活性化作用も一助になったのでしょう。9月の検査では最初に300もあった腫瘍マーカーが6〜8まで下がって、ほぼ正常値にまで整ってきたのです!また、4cmあったガンは2cmに縮小していました。「このままキレイに消失することもあるので期待しましょう」と、主治医にも言われ、先行きが明るく感じられました。

 ガンは完治するとはいいきれないので、今後もずっと体を大事に観察していかなければならないとのこと。でも私は闘う気マンマンです!『紫イペ』があれば自分の体内でしっかりガンを見極め、叩いて行けると確信しているからです。抗ガン剤治療を楽々乗り越えているのもきっと『紫イペ』の底力でしょう。家族の支えと『紫イペ』のパワーで、今後の長い闘いを切り抜けていきたいと思っています。

大阪府在住 岡本 伸治さん(55歳)

ご愛飲者様からのお声vol.⑬より抜粋