紫イペ情報館

体験談

肝臓に転移した悪性ガンを克服!

 母(70歳)は乳ガンと宣告され、左乳房とリンパ節の摘出手術をしました。しかし、肝臓の一部にガン転移。しかもガンが細かく散らばっていて手術ができないとのこと。主治医からは「余命半年」といわれました。

 抗ガン剤の強い副作用で食欲が落ち、体だけではなく精神的にも母は衰弱しきってしまいました。抗ガン剤治療を続けるうちに、母はいろいろな不快症状を訴え始めました。ただ座っているのもつらいらしいのです。

 そんなとき、ある人が『紫イペ』を飲んですごく元気になられたという話を耳にしました。すぐにその方に会い、『紫イペ』の資料を手に入れました。

 入院中も、退院してからも抗ガン剤治療を受けながら、母は『紫イペ』を飲み続けました。その結果、退院後3ヵ月の精密検査ではガンの進行がストップしていたのです。主治医の先生のお話では、「このままおとなしくしていてくれれば心配ない」ということ。ガンでも、小さいまま転移さえしなければ怖くはありません。

 ガン発見後に「余命半年」といわれた母。今では自分で車を運転してショッピングに出かけられるまで元気になりました。

 

石川県在住 U・Kさん(70歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2006年 12月号より抜粋