紫イペ情報館

その他疾患

筋の炎症と睡眠障害に悩んだが 『紫イペ』で改善し、眠れるようになった!

農業を引退した途端、全身のスジが腫れた!

 嫁いでから家業のハウス栽培に力を注ぎ、長年働き続けてきました。蘭の栽培でしたので、盆と正月以外ほとんど休みもなく働き、35年経った昨年、ようやく引退を決意しました。

 ゆっくりしようと思っていたのに、1週間後、突然足指の先の筋(スジ)が腫れて痛み出しました。やがて全身に広がり、筋という筋が腫れ、痛みで動くのも辛い状態に陥ったのです。もちろん、すぐに病院に行きました。

 筋とは、腱とか靱帯という骨や筋肉をつなぐ部分のことらしいのですが、なぜこれが一気に腫れたのかは不明でした。おそらく、長年の負担から解消された安心感から、体にきしみが出たのかもしれません。もともと、蘭の栽培なので重労働ではなく、指先を使うことが多かったのです。そのため腱鞘炎にはよくかかっていました。今回は、その腱鞘炎がほかの部位にも広がっていったのだと素人ながらに思いました。

 病院では腫れを落ち着かせる漢方薬を処方されましたが、すぐには改善しませんでした。すると娘が「ヨガは体の調子を整えるので、炎症が治るかも」と教えてくれたので、軽いヨガを始めました。この頃、夫から勧められたのが『紫イペ』でした。

 じつは昨年のこの時期、夫の胃ガンが発覚し、親戚に勧められて『紫イペ』を飲んでいたのです。イペを飲み始めたら体調が良くなったとしきりに言うので、それなら私もと思い、夫に分けてもらい飲み始めました。

 

漢方薬に『紫イペ』を併用、腫れも引き、睡眠障害も改善した!

 『紫イペ』を1日3粒ずつ飲むようになり、しばらくすると少しずつ腫れが楽になってきたことに気づきました。良くなり始めるとあとは早かったですね。漢方薬と併用してちょうど3ヶ月過ぎたくらいの頃には、すっかり腫れも痛みも引き、普通に家事ができるようになっていました。

 さらに驚いたことに、長年抱えていた睡眠障害までいつの間にか良くなっていたのです! 年齢のせいなのか、仕事も気になっていたからなのか、熟睡することができず夜中に2回も起きてしまう状態が続いていました。結局、昼間うとうとするという不健康な生活に悩まされていたのです。受診して睡眠導入剤をもらっていましたが、薬を飲んでも夜中に目覚めるのは変わりませんでした。そのうち、筋の炎症も起きてますます不眠状態になり、痛みと不眠の両方に悩んでいたわけです。

 『紫イペ』を飲んだとき、その日からしっかり眠れるようになったのには驚きましたね。目が覚めたらもう朝の5時だったのです。朝までしっかり眠れるなんて何年のことぶりだったでしょう。

 今は全身の炎症も改善し、夜もしっかり眠れているので元気が出てきて、掃除、洗濯などの家事も苦にならなくなりました。夫のこともありますし、これからも健康維持に努めるため、『紫イペ』はずっと続けています。

 

大阪府在住 竹内 富美子さん(64歳)

ご愛飲者様からのお声vol.26より