紫イペ情報館

体験談

白血球の数が一進一退を繰り返していますが、紫イペエキスで治そうと思います

 私の病気はたぶん慢性白血病だと思います。とくにこれといった症状もないので精密検査は受けていませんが、血液検査を受けるたびに白血球が上がったり下がったりします。医者はそろそろ検査して抗ガン剤による治療をするようにと勧めますが、私は紫イペエキスで様子を見たいと思っています。

 白血球の数が6万近くになった平成13年3月から、カプセルタイプの紫イペエキスを毎日3粒ずつ飲み始めました。1週間ほどして黒っぽい軟らかい便が出ました。それから1カ月ほどして、4月には白血球が普通(1万以下)に戻りました。その後、
5月…3万
6~8月…普通(1万以下)
9~10月…8万(10月初めよりカプセルの量を3粒から6粒に)
11月…5万
という一進一退を繰り返すような経過でした。そこで10月初めからカプセルの量を増やして毎日6粒ずつ、朝夕3粒ずつ飲んでいます。
 じつは以前から甲状腺に大きさ3センチほどの腫瘍があって、らっきょうや大根などかたいものを食べるとのどに違和感がありました。ところがカプセルを飲むようになってからは、それがなくなって医者からも小さくなっているといわれました。
 白血球の数はまだ予断を許しませんが、副作用の強い抗ガン剤などではなく、紫イペエキスにより自然療法で治すみちをさぐっていこうと考えています。

 

I.Eさん 茨城県在住(58歳・女性)

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋