紫イペ情報館

体験談

白血球の増加を抑えています

 平成12年10月に献血をしたところ、2万5800と白血球数が異常に多かったため、病院に行ってみると「慢性リンパ性白血病」と診断されました。しかし、経過観察ということで病院からは何も薬を出してもらえませんでした。不安になった私は何か自分でできる治療法を探して、本屋の家庭医学のコーナーで『50人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』という本を買い求めました

 家に帰ってじっくり読んでみると私のような白血病の方々の体験談も掲載されていて、かなりの効果をあげているようです。さっそく取り寄せて飲んでみることにしました。

 イペ茶を1包(5g)/750ccで煮出したものを1日200ccと「紫イペカプセル」を1日6粒ずつで飲み始めました。

 飲み姑めた最初の頃は下痢をすることもありましたが、続けているうちになくなりました。体調面ではもともと自覚症状がなかったので変化は感じませんでした。

 しかし白血球の数には、はっきりと変化が現れました。紫イペエキスを飲み始める前には3万4000あった白血球数が、飲み始めて1ヵ月ほどで2万8000に下がりました。その後も少しずつ下がって、2万6400までいきましたが、その当時は紫イペエキスだけでなくアガリクスも飲んでいたのでどっちが効いているのかわかりませんでした。そこで紫イペエキスを休んでアガリクスだけにしたところ、2ヵ月後の検査で3万7200まで上がってしまい、それからアガリクスはやめています。

 今のところ通院は2ヵ月に1度で、無治療で血液検査だけしてもらっています。この先もっと症状が進んだら抗ガン剤治療をすることになっています。7月の検査で3万7200まで上がってしまったので、「紫イペカプセル」の量を1日3粒から6粒にしました。9月の検査で3万2500に下がりましたが、11月の検査で再び4万1500に上がったため、これからは1回3粒、1日9粒に増やそうと思っています。

 

Sさん 東京都板橋区(34歳・男性)

書籍『100人が実証「紫イペエキス」でガンが治った!』より抜粋