紫イペ情報館

体験談

発酵紫イペで直腸ガンがわずか3週間で跡形もなく消え去って、人工肛門の危機も回避できた!現在は喜びでいっぱいの毎日です!!

ポリープがガン化!人工肛門の危機に!

 私が直腸ガンを宣告されたのは、平成13年の末ごろのことでした。以前にポリープを切除したのですが、それがまた再発。3つできたポリープのうちの一つがガン化してしまったのです。

 ガンができたのは肛門のすぐそばでした。「肛門を取って、人工肛門にしなければダメですね…」、担当のお医者さんからそう言われたとき、あまりのショックで頭の中が真っ白になってしまいました。ガンも衝撃でしたが、それ以上に人工肛門になることがイヤだったのです。しかし、お医者さんがいうのですから、しかたがないとあきらめていました。

 手術のために検査を受けていたとき、たまたま新聞で「発酵紫イペ」の本のことを知りました。私のようにガンで苦しんでいる方たちが、紫イペとともにガンと闘う体験談が多数掲載されており、「私も発酵紫イペに賭けて見よう!」と思ったのです。

 平成14年1月から、朝・昼・晩にスプーン2杯ずつの発酵紫イペを摂り始めました。と、同時に担当のお医者さんに「ちょっと手術を待って欲しい」と伝えたのです。お医者さんはすぐに快諾してくれました。ただし、待つのは2~3週間だけ。その後にもう一度検査をし、それでダメなら手術をすることになったのです。

 そのとき私は、自分が発酵紫イペを摂っていることを話しました。すると、お医者さんは「それは民間療法だから…、やりたければやってごらんなさい」といったのです。

 それから3週間、「絶対に大丈夫!」と自分にいい聞かせるようにしながら、発酵紫イペを一生懸命摂り続けました。

 

わずか3週間でガンが消えた!

 そしてとうとう、お医者さんと約束した期日がやってきました。祈るような気持ちで内視鏡検査を受けると、ガンが消失していたのです!わずか3週間でこんなにも効果がでるなんて。本当にビックリしました。当然、手術は中止になり、人工肛門の悪夢も消え去ったのです。

 その後も検査はしていますが、結果はまったく異常なしのまま。ポリープの根っこまでキレイになくなっているのも確認されました。ガンが消えたのは間違いなく発酵紫イペの効果と、確信しています。家族と紫イペに支えられ幸せです!心から感謝しています。

 

埼玉県在住 外山洋子さん(73歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2006年 9月号より抜粋