紫イペ情報館

体験談

痛み止めの薬でも消えなかった下腹部の痛みが消えました

 平成13年9月初めごろから夜寝る前になると、下腹が「ジクジク」と痛むようになりました。4週間ほど痛み止めを飲んだのですが、結局治らず、病院でCTなどあれこれ検査してもらって、「膀胱ガン」と病名がわかったのです。

 入院して手術することになり、10月に入院してから家族の勧めで紫イペのお茶を飲むようになりました。
 入院中、紫イペのお茶を飲むようになって、痛み止めの薬でも消えなかった下腹部の痛みがほとんどなくなりました。おかげでそれまで感じていた不安が解消して、平静な気持ちで手術に臨むことができました。
 無事に手術を終え退院してからは手間のかからないカプセルタイプを朝2粒、夕方3粒の1日5粒ずつ飲むようになりました。カプセルタイプにかえてからも体調はよくて、入院生活で8キロ近く減っていた体重が数カ月で4キロ増えました。

 

T.Sさん 奈良県在住(64歳・男性)

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋