紫イペ情報館

体験談

抗ガン剤治療の副作用が軽くなり、生還できそうな気がします

 平成11年7月頃の話です。とても疲れやすく、からだがだるい状態が続きました。夜遅くまで仕事をすることが多かったので、夏風邪でもひいたのかと思っていました。その後も微熱が出て、なかなか下がらなかったので、変だと思って病院にかけ込んだのです。

 病院で精密検査をしてもらった結果、医師が口にしたのは「悪性リンパ腫」という診断でした。「抗剤治療をすれば治る見込みがあります」ともいわれ、「ああ治るのか」と思いました。しかし病院からの帰り道では、仕事のことや家族のこと、まだ残っている家のローンのことなど、最悪の事態ばかり考えている私でした。
 仕事の生理をして、1週間後に入院。抗剤治療が始まりました。抗剤の点滴を打つのです。はじめて治療を受けた後で、やはりうわさどおりの副作用に襲われました。治療後にはからだがだるく、吐き気もするし、頭も痛い。病気を治すためにからだを痛めつけるという現在の医学に疑問を感じながらも、しかし「生きるため」と頑張って耐えることにしたのです。
 そんな時、見舞いに来た義兄が紫イペのお茶を持ってきてくれました。アマゾンの秘薬というふれこみでしたが、頭の固い私は科学的な根拠のない民間薬でが治せるわけがないと、内心そう思いました。
 そんなわけで最初は飲んだり飲まなかったりでしたが、紫イペのお茶を飲んだ時に少し下痢ぎみになったので、からだに何かしらの変化が起こっているのがわかりました。
 それから1日5g/500㏄の紫イペのお茶とカプセルタイプを6粒ずつ飲むようになりました。
 飲み始めて3カ月頃から、上がったり下がったりで、なかなか安定しなかった白血球の値が安定するようになりました。また肝臓にあった腫れがひいて、体調がとてもいいのです。抗剤治療を受けた直後の倦怠感や頭痛、嘔吐も以前とは比較にならないほど軽くなり、ほんとうに楽になりました。
 この調子なら、抗剤の治療に耐えて、なんとか生還できそうな気がしてきました。

 

K.Iさん 千葉県在住(49歳・男性)

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋