紫イペ情報館

体験談

抗ガン剤の副作用が激減し、体調も改善した

 私が末期のスキルス胃ガンと宣告されたのは、平成15年3月のことでした。“末期”という言葉は私の心に重くのしかかりました。それは、1年以上経過した今でも変わりありません

 1回目の入院は約3ヵ月に及びました。抗ガン剤の副作用がひどく、おう吐・発熱・食欲不振は半端なものではありませんでした。そして脱毛です。朝起きるたびに、枕にびっしり抜け毛があり、髪に櫛を通すたびにはらはらと毛が落ちます。悲しさがこみ上げてきて、涙が止まりませんでした。

 私の病状を心配した親戚が、「こんなものがあるけど飲んでみたら」と教えてくれたのが「紫イペ」でした。入院から7ヵ月後から飲み始めました。当初はこれと言った変化は感じませんでしたが、平成16年1月に再入院して抗ガン剤治療が始まってからは、驚きの連続でした。

 その間、吐き気や発熱などの副作用がほとんどなかったのです。髪は抜けましたが、以前に比べてどんなに体が楽だったことか!紫イペの効果にとても驚きました。格段に体調もよく、自分自身が末期のガン患者であることを忘れてしまうくらい元気でした。

 現在も入院中です。私のガンとの戦いはまだまだ続きますが、紫イペを頼りにしています。これからも信頼して、飲み続けていきたいと思っています。

 

広島県 O・Sさん(56歳)

健康雑誌 「はつらつ元気」 2006年 10月号より抜粋