紫イペ情報館

体験談

抗ガン剤の副作用がおさまり、ガンが小さくなりました

 平成13年5月、からだのだるい日が続くので、念のため病院で検査を受けたところ、思いがけず「肺ガン」の告知を受けました。それはもう生まれてこのかた経験したことのないような衝撃でした。告知された瞬間は足下の底が抜けてすーっと奈落におちてゆくような感覚にとらわれました。なんとか気をとりなおして先生の説明を聞くと、手術できない場所とのことで抗ガン剤と放射線で治療することになりました。先生は「大丈夫、治りますよ」といいますが、私の不安はつのるばかりでした。

実際に抗ガン剤治療が始まると、髪の毛が抜け、吐き気がしてごはんが食べられなくなりました。そんな時、お見舞いに来てくれたお花の教室のお友だちが、「免疫力を高め、ガンを抑える効果がある」という紫イペエキスを持って来てくれました。
 はじめは半信半疑でしたが、それから毎日「紫イペカプセルDX」を毎日、朝、昼、晩、寝る前の1日4回、1回3粒ずつ飲み始めました。
 すると1カ月もすると吐き気がおさまり、食欲も出て、体調もうんとよくなりました。血液検査でも2500まで減っていた白血球の数が4000にまで増えていたのです。2カ月間、抗ガン剤治療を受け、退院してからは抗ガン剤の飲み薬をもらっていました。「紫イペカプセルDX」を飲み始めてから4か月後の検査で、先生から「腫瘍マーカーの値が下がり、ガンが小さくなっている」といわれました。完全に消滅したわけではありませんが、予想以上の順調な回復ぶりに先生も驚いていました。
 それもこれも「紫イペカプセルDX」のおかげと感謝しています。これからも飲み続けていればガンがなくなるような気がします。

 

書籍『100人が実証 紫イペエキスでガンが治った!』より抜粋

S・Jさん(54歳・女性)神奈川県在住