紫イペ情報館

体験談

手術後5カ月で再発! 1年以内の再々発を言い渡された肝臓ガンが出現せず! 医師も関心の大改善! 肝機能値も40台で安定してます

女性もハイリスク! C型肝炎→肝臓ガン

 C型肝炎から肝臓ガンの発症に至る最悪のシナリオ。患者数は男性に比べて少ないですが、女性だから、お酒を飲まないから安心とは限らないのです。

 福岡県在住の土井章子さん(72歳)もC型肝炎を肝臓ガンに進行させてしまったおひとり。

「平成7年にC型肝炎だと診断されました。その頃は自覚症状はなく、月一回血液検査をするだけでとくに治療はしていなかったんです」

 ところが平成13年に突然GOTとGPTが急上昇したのだそうです。

「あわててMRI検査を受け、肝臓にガンが3つもできていることがわかったんです。先生も”やっぱりガンが出たわ”と言うくらい、私の肝臓は弱っていたんです」

 細い針をガンに差してエタノールを注入し、壊死させる治療を受けましたが、失敗……。

 結局平成13年12月に肝臓の5分の1を切除する手術が行われました。

「やつとひと息ついたのも、つかの間でした。その5カ月後にガンが再発したんです。エタノール注入をしてもらいましたが、先生から”効果は1年だから、いずれ再々発するよ”と言われました」

 再発で心身ともに弱っていた土井さんが「1年、もたないかもしれない」と不安になったのも当然かもしれません。

「それからは必死に薬や健康食品を試しました。でも、どれも胃にきてしまって、続けることができなかったんです」

 

数日で体力が戻った 効果の速さに驚き!

「そんな時、新聞の広告で『紫イペ』の本を知ったんです。平成15年の1月から『発酵紫イペ』を摂り始めました」

 効果は期待していた以上に早くあらわれました!

「数日で体がシャキッとして、力が沸いてくるようで、体を動かすのが苦ではなくなりました。休みがちだった家事もできるようになってきたんです」

 食事もおいしく感じるようになり、順調に快復!あまりの効き目に疑問に思ったことも。

「こんなに早く効くわけがないと思いました。笑い話ですけど、麻薬でも入っているんじゃないかとも考えましたよ」。

 それでも体調が良いのは確か。そのまま『発酵紫イペ』を続けることにしました。

「1カ月後の肝機能検査では、GOT の両方が30台まで下っていました。体重も徐々に増え、グランドゴルフを3ラウンド回れるくらい、体力が戻りました」

 

命の灯火、再び! 『紫イペ』に感謝

土井さんは、『発酵紫イペ』で「また生きていける!」と自信がついたと言います。

「100もあったウイルスの数値も1年後には70まで減っていたんです。エタノール注入後1年しかもたないと宣言されていましたが、ガンは再発しませんでした。これは間違いなく『発酵紫イペ』の力です」

 現在も体調は万全。GOT、GPTともに40台で落ち着いています。エコー検査も問題なく、先生からも「こんなにもつなんてすごいね!」と感心されているそうです。

 

福井県在住 土井 章子 さん(72歳)

健康雑誌「はつらはつ元気」2007年5月号より抜粋