紫イペ情報館

体験談

手術後の食欲・体力減退が、紫イペエキスを飲んでなくなった! 抗ガン剤の副作用もない

 健康雑誌で「紫イペエキス」のことを知ったのは、胃ガンの手術を受けたあとでした。胃の全部を取ってしまい、退院後も体調がなかなかもとに戻りません。当然、再発・転移の懸念もされましたから、それを防ぐためにも健康食品をとりたいと考えていました。私にとってはなにより、80歳という高齢ですから、体力の減退がいちばんの心配でした。

 「紫イペエキス」はカプセル状の「紫イペエキス」と紫イペのお茶を選びました。カプセルは1日6粒、お茶は1日1包(5g)を800㏄のお湯で煮出し、食事のときはお茶代わりに、10時と15時には蜂蜜を入れて飲みました。
 飲み始めてから1カ月ほどもたったころでしょうか。それまでは食欲もなく、体調もすぐれなかったのですが、食事の量も増え、おいしく食べられるようになりました。退院してから3カ月がたったころから、再び抗ガン剤の治療が始まりましたが、副作用はなく、食事の量も減りません。日に日に元気が出てきます。
 この状態は、まぎれもなく、「紫イペエキス」のおかげと思っております。それ以外は考えられませんね。これからも欠かさず、飲み続けていきたいと思っています。

 

Y.Sさん 愛媛県在住(80歳・男性)

書籍『「紫イペエキス」でガンと闘え!!』より抜粋