紫イペ情報館

体験談

手術後に見つかったポリープが3カ月で縮小! 手術前に飲んでいたら…!?

 毎年行われる市の大腸ガンの検査を受けたところ、再検査にひっかかってしまいました。おそるおそる再検査を受けたところ、大腸に3cmほどのポリープ型のガンが、2~3カ所見つかったのです。初期のもので転移はないということでしたが、手術はしなければなりません。3カ月後に手術と決まりました。

 手術は無事にすみ、ほっとひと安心と思っていたのですが、3カ月後の内視鏡検査で再び、2カ所にポリープができていたのです。ガン化はしていないということでしたが、いつそうなるかわかりません。

 私は検査が終わると、家に飛んで帰り、1週間ほど前に切り抜いておいた新聞広告を探しました。それは「紫イペエキス」についての健康本の広告です。ガンや難病に効くというところが気になってとっておいたのです。

 さっそく取り寄せて飲み始めました。取り寄せたのはジャム状の「紫イペエキス」です。添付のスプーンをなめるだけですし、味もにおいもまったく問題ありませんでした。私はこれを朝と夕に、2杯ずつ、1日に4杯を飲み始めたのです。

 5カ月後に受けた検査では、ポリープが2カ所とも小さくなっているということでした。医者は「何もしていないのに、小さくなっているのは不思議だ」とさかんに首を傾げていましたが、私にはわかっていました。「紫イペエキス」を飲んでいたからです。

 その後は順調です。ポリープは消失し、新しいものもできていません。いま思うと、もっと早くに「紫イペエキス」のことを知っていたら手術はしなくてすんだかもしれません。いまとなってはそれを確かめることはできないものの、飲んでほんとうによかったと思っています。もうすぐ検査がありますが、きっと大丈夫だと思っています。

 

T.Mさん 宮城県在住(71歳・男性)

書籍『大学病院医師が実証!「紫イペエキス」がガン患者の「5年生存率」を高めた!』より抜粋