紫イペ情報館

体験談

手術後、3年の命といわれたが、いまは3㎏も太り、まだまだ元気に過ごしている

 C型肝炎になると、肝臓ガンへの恐怖は影のようについてまわります。私の場合もそのケースでした。

 肝臓ガンが発見され、肝臓の5分の1を摘出しました。ところが手術の5カ月後、ガン細胞が再び肝臓内に発見され、今度はエタノール注入手術を受けることになってしまいました。そしてこの手術のあと、医師から告げられたのは「あと3年の命」というものだったのです。
 死の宣告に、私はわらをもつかむ思いでさまざまな健康食品を試してみました。でも、どれも胃にこたえて長くは続けられませんでした。3年といわれた時間は刻々と過ぎていきます。いったいどうしたらいいのだろう…。夜も眠れない日々が続きました。
 そんな折、見つけたのが「紫イペエキス」だったのです。「これを最後にしたい…」。私はそんな期待で飲み始めました。ジャム状の「紫イペエキス」はとても飲みやすく、胃にこたえることもなかったので、期待はどんどん膨らみました。
 「紫イペエキス」は、朝昼晩と1日3回、4杯ずつ飲みました。空腹時が吸収がいいのではないかと思い、食事の1時間くらい前に飲むようにしました。
 すると、早くも3日目に元気が出てきたのです。「こんなに早く効くはずがない」と不思議に思いましたが、確かに元気が出てきたし、自らからだを動かそうという意欲が出てきて、それまではできなかった家事もこなせるようになったのです。なぜだろうと思いましたが、食事がおいしく食べられるようになったことが大きかったと思います。
 1カ月後、肝機能検査でGOT、GPTともに100を超えていたのが30台に下がっていました。数値的にも、こんなに早く効果が出てきたのは、再び驚いてしまいました。
 「紫イペエキス」を飲み始めて1年がたとうとしていますが、いまは3㎏も体重が増え、食事もおいしく食べることができています。つい先日、C型肝炎のウイルス検査をしたところ、200もあった数値が70に減少していたのです。
 やはり「紫イペエキス」は効いています。サプリメントは信じていなかった私ですが、いまは信じ、不安もなくなり、まだまだ生きられそうな気持ちで頑張っています。

 

T.Sさん 滋賀県在住(69歳・女性)

書籍『大学病院医師が実証!「紫イペエキス」がガン患者の「5年生存率」を高めた!』より抜粋