紫イペ情報館

体験談

手術後、ひとりで歩けないほど弱っていたが、 体重も2㎏増え、徐々に元気を取り戻している

 主人は半年ほど前、腎臓ガンの手術をしました。本人にはガンということは伝えておりません。良性のものだから、といっております。というのも、それよりさかのぼること2年前に肺ガンの手術をしていました。続けて二度のガン手術はつらいことです。年齢のことも考えると、ガンであることを伝えて精神的なダメージを受けることは、体力的にも影響がおよぶのではないかと思ったからです。

 手術後は家で安静にしていましたが、予後が悪く、食欲もわかない様子で日に日にやせていきました。息切れに続いて、貧血も起こるようになり、歩くのもつらそうで、ひとりでは庭に出ることもできなくなりました。医師によれば、肺に水がたまってきているということでした。
 私は「紫イペエキス」を飲ませることを考えました。じつは私は、3年ほど前に、耳鳴りがひどくて紫イペエキスを飲んだことがあり、1カ月ほどで治ったことがあったのです。そのときに買った本を探してみました。改めて読んでみると、紫イペエキスを飲んでガンを克服された方の体験談が多数紹介されていて、「これを飲ませてあげよう」ということを決めたのです。
 飲んだのはカプセル状の「紫イペエキス」です。1日6粒、毎食後に2粒ずつを飲み始めました。もちろん主人には、ガンに効果があるからということは伝えていません。免疫力が高まって体調がよくなるからといって、本人もそれを納得して飲んでいます。
 「紫イペエキス」を飲み始めて2カ月ほどは、それほど大きな変化はありませんでした。相変わらず、食欲もなく、息切れや貧血もあるようでしたが、その後は徐々に、食欲が出てきました。現在は、手術後にぐんと減ってしまった体重も2㎏ほど増えてきています。本人によれば、体調も少しずつよくなってきたということです。定期的に検査を受けていますが、肺にたまった水も、少しずつ少なくなってきているそうですから、このまま続けていけば、もっと元気になると信じて、飲み続けてもらっています。

 

N.Hさん 高知県在住(70歳・男性)

書籍『大学病院医師が実証!「紫イペエキス」がガン患者の「5年生存率」を高めた!』より抜粋