紫イペ情報館

体験談

我が家のアイドルが心臓肥大の危機に!『紫イペ』で症状が治まり健康回復!

かけがえのない愛犬が心臓肥大で気管まで圧迫され…

実家から離れた土地で一人暮らしをしていた息子が、寂しさを埋めようと買ってきたのがチワワの“まな”でした。飼い始めてすぐ、ペット禁止のアパートだったのでキャンキャンという鳴き声ですぐにバレたそうです。結局、飼えなくなったと実家に連れてきたのですが、あっという間に我が家のアイドルになってしまいました。

寂しがりやなので私が部屋にいないと、家中を探して呼びにきますし、寝るときも一緒に横になります。どこに行くにも着いてきてべったりと寄り添う姿を見ると、可愛くてたまりません。すっかり親バカになって、たまに帰ってくる息子にからかわれるほどです。

まなが4歳の頃、急にお腹が張ってきたので病院に連れていくと、子宮が腫れていて緊急手術になりました。命にかかわる病気と言われて気が気じゃなかったですね。幸い、治療が早かったので回復し、子宮を取ってホルモンの分泌に変化が起こるので太るよと言われ、実際そのとおりになりました。それからは体調の変化にすぐ気がつくよう、まめに観察するようにしています。

 

望みを託した『紫イペ』で症状が改善し、元気いっぱいに!

この2016年、まなも11歳。人間でいうと60歳です。チワワの平均寿命は14歳らしいので、もう無理をしないでのんびり生きてもらいたいと思っていました。そんな矢先、3月頃くらいから動きが鈍くなってきたのです。もう年齢も年齢なので、若いときのようにはしゃぐことはないにしても、今までとはあきらかに違いました。

よく観察してみると動くのがだるそうで、やたらと咳込んでいました。ちょっと動いたらゲホゲホ、ちょっと歩けばゲホゲホと苦しそうな咳でした。慌てて病院に連れていくと、心臓肥大があると言われました。胸の中で肥大した心臓に気管が圧迫されるので、苦しくて咳が出るのだそうです。すぐに薬を出してもらいましたが、なかなか良くなりません。

悩んでいたとき、偶然読んだ雑誌広告で見たのが「紫イペ」でした。アマゾンの植物から抽出した天然成分だというので、体に負担はなさそうです。すぐに購入しました。「紫イペ」は1回2粒ずつ飲ませました。ドッグフードに混ぜると一緒に食べてくれましたので、無理なく与えることに成功。その日から毎日、根気よく与え続けて様子を観察していきました。

2カ月を過ぎる頃から、以前のようによく歩くようになりました。咳も出なくなったので、再検査をしてもらうと肥大していた心臓の状態がかなり落ち着いていたのでホっとしました! 気管の圧迫が減ったので咳も止まったのでしょう。今では短い距離ですが走り回ることもできるようになり、少しずつ健康を回復してきています。あのとき、「紫イペ」の広告を見て本当に良かったです! 家族同様のまなと楽しく暮らしていくためにも、「紫イペ」はずっと飲ませ続けようと思っています。

まな/11.5歳/チワワ/メス