紫イペ情報館

体験談

愛犬が歯肉部の悪性黒色腫に。『紫イペ』で再発予防し、元気いっぱい!

高齢の愛犬の頬が腫れて受診。歯肉部に悪性黒色腫が見つかった!

夫婦共に犬が好きで数匹飼っています。いずれも高齢なのですが、一番若いのが12歳のミニチュアダックスフンドのフウです。様子がおかしいと気づいたのは2016年が明けてすぐの頃でした。何となくご飯を食べにくそうにしていたので、観察してみると少し左の頬が盛り上がっているように見えたのです。

最初は頬の毛が増えたのかとも思いましたが、高齢犬で今さらそれもおかしな話です。そこで手で頬から顎の辺りまで触ってみました。すると手にゴリゴリとしたものが触れ、何かできものができている!とかかりつけの動物病院を受診したのです。

先生に詳しく診てもらった結果、何と歯肉に大きな腫瘍ができていました。とにかく放置しても良くないのですぐに切除しましょうと言われ、1月12日に切除手術を受けさせました。取った腫瘍を病理検査した結果、メラノーマと呼ばれる悪性黒色腫という診断が下りました!人間でいうほくろのガンと同じですが、とても凶悪でたちの悪いガンとのこと。犬には起こりやすいガンで、進行が早く再発もしやすいと言うので今後のことを思うと、心配で胸がいっぱいになりました。

 

獣医師に勧められた『紫イペ』で再発の心配もなく元気が戻った!

ガンの予防なんてどうしたらいいのか分かりませんし、高齢だからあきらめるしかないのかと絶望的な気持ちで落ち込みました。その時、先生が実は再発防止にお勧めのサプリメントがあるから試してみますか、と紹介してくださったのが『紫イペ』でした。免疫力を上げ、体が強くなるのでガンの芽が出ても自分の力で闘って摘み取ることが可能になるそうです。もちろん、ぜひそれを飲ませたいです!とお願いしました。そこで術後からすぐに飲ませ始めました。

フウの様子ですが、術後はさすがに傷が痛むのか食欲が少し落ちていました。しかし3日もすると以前のような食欲が戻り、元気を取り戻していったので、ホっとひと安心。それから毎日1回2粒ずつ飲ませていますが、4月に入った現在はますます元気になり食欲も旺盛で、部屋中を走り回っています。とてもおばあちゃん犬とは思えないほどで、これも『紫イペ』のおかげなのかしら、と家族共々その不思議なパワーに驚かされています。味や香りもいいらしく、最初はフードに混ぜて与えていましたが今では『紫イペ』だけを手の平にのせてしっかり食べてくれます。悪性黒色腫は再発率が高く、5年生存率が非常に低いと聞いていましたがこの分だと大丈夫と先生も仰ってくれましたので、このまま『紫イペ』を続けながらしっかり観察していこうと思います。

フウ/12歳/ミニチュアダックスフンド/メス

わんニャン♪体験記vol.6より抜粋