紫イペ情報館

体験談

心筋梗塞で倒れて以来薬は手放せませんが、毎日元気です

 以前、心筋梗塞で倒れたことがあります。もともと血圧が高いほうでしたから、「ああ、やっぱり」と思いました。それ以来、病院から処方される心臓病の薬、血圧を下げる薬、そして薬を飲んで胃を荒らさないように出される薬を飲んできました。

 紫イペの高濃度エキスのことは親戚が教えてくれました。彼女は「私たちももう年だからねえ。若い頃は見向きもしなかったけれど、健康食品を飲んでみるというのも、年なりの対応じゃないかな」などと申します。確かにそうだ。私も心筋梗塞で倒れて以来、そんな思いがありましたから、彼女が「こんなのがいいんじゃない?」と教えてくれた紫イペの高濃度エキスを飲んでみようと思ったのです。
 ゆっくり、じっくりいくつもりでしたから。飲んだのは1日2粒。朝、ほかの薬を飲むときに一緒に2粒を飲みました。年に1回受ける定期健診を受けたのは、飲み始めて9ヵ月後でした。 
 そのときに出た変化が潜血のマイナスでした。3年ほど続いていた腎機能の低下がこの結果でよい方向に向かっていることがわかりました。尿にはタンパクも出ていたのですが、これも今回はマイナス。「わっ、これはいい兆候!」。うれしかったですね。
 いまはまだ病院からの薬は手放せませんが、毎日はそれなりに元気で、ダンスや詩吟、ガーデニングなどを楽しむ毎日です。健康なら、毎日が楽しい。だからこれからも紫イペの高濃度エキスを飲んでいきたいと思っています。

 

T.Sさん 埼玉県在住(66歳・女性)

書籍『ガン・難病治療の新たな選択!高濃度「紫イペエキス」100人の証言』より抜粋