紫イペ情報館

体験談

子供のころからの接触性皮膚炎によるモーレツなかゆみから開放された 体調がよく、カゼもひかなくなった

大人になるにつれ悪化した皮膚病

 幼いころから肌が弱くて、すぐにジンマシンのような湿疹ができていました。それがかゆくてかゆくて、たまらない。体じゅうかき傷だらけでした。しかも、傷が治まりにくくて、すぐに化膿してしまいます。

 病院で調べてもらいましたが、食べ物などが原因のアレルギー性のものではないということで、結局のところ原因はわからずじまい。接触皮膚炎と診断されました。

 じつは父親も肌が弱く、私と同じように悩んでいましたので遺伝的なものではないかと思っています。大人になるに従いひどくなり、27才ころからさらに悪化して、包帯だらけの体でお風呂に入らなければならないほどでした。 

 夜中、無意識のうちに体をかきむしっているため、気がつくと爪の中に血が入っているという状態なんです。顔にも湿疹が出るので、化粧もできません。気持ちもイライラしてきます。

 いろいろな薬を試してみましたが、悪化を繰り返すばかりで、もはや、どうすることもできない父親譲りの体質なのだ、とあきらめていたのです。

 

飲み始めて1ヵ月半 モーレツなかゆみが軽減

 ところが、奇跡が起こったのです。平成18年の秋でした。化粧品でよいものがないかある薬局に相談したんです。

 とても親切に対応していただけたので、これまでの皮膚に関する悩みをすべてお話ししたのです。このときに薬局のかたがすすめてくださったのが『紫イペ』でした。

 抗酸化作用が強く、免疫力を高める『紫イペ』の力が私の皮膚病にも効果を発揮してくれると思い、『紫イペ』を1日に5粒飲むことに決めました。

 仕事が忙しいときは、食事時間が不規則になりますので、昼に5粒まとめて飲み始めました。1ヵ月半ほどすると、少しかゆみがおさまってきて、さらに3ヵ月ほどたったら、手足をかきむしるほどのかゆみが少なくなってきました。イライラすることもなくなり、穏やかな気持ちでいられるようになりました。

 30年以上も悩まされ、苦しんできた皮膚病が改善されたのです。スゴい!

 『紫イペ』は、皮膚病に効くのだと大感激。当初、気がつかなかったのですが、この冬一度もカゼをひいていません。

 仕事が忙しくても疲れを感じずにすんでいます。これも『紫イペ』の効果ですね。これからもずっと飲みつづけます。

 

大阪府 池内千賀さん(36歳)

健康雑誌 「健康」 2008年 3月号より抜粋