紫イペ情報館

その他疾患

大がかりな腹部大動脈瘤の手術も成功、回復が早く、後遺症もまったくなし!

 私は、5、6年前から「紫イペの高濃度エキス」を飲んでいますが、もともとは「ガンによく効く」と聞いて、ガン予防のために飲み始めたのです。

 ところが、飲み始めてちょうど3年が経ったときに、腹部大動脈瘤になり、腫瘤を切除し、人工血管を挿入する手術を受けました。術後は集中治療室に入りましたが、早くも2日目には個室に移り、さらに、その8日後には6人部屋に移るほど早く回復しました。そして手術から20日後には退院と、大がかりな手術をしたとは思えないほど早い回復ぶりでした。
 実は、この手術の前後には(手術前後の3日間は休む)、「紫イペの高濃度エキス」をいつもより多めの1日15粒を、朝・昼・夜に分けて飲むようにしたのです。
 手術後、順調に回復し、早く退院できたのも、後遺症がまったくなかったのも、「紫イペの高濃度エキス」を飲んでいたからに違いないと、家内とともにうなずきあいました。長年、その効果を信じて飲み続けて本当によかった。その後も、6カ月に1度、病院で定期検診を受けていますが、感染症などの異常はまったく認められません。
 現在も、ガンなどの病気の予防や、いざというときに支えとなる基礎的な体力を維持するために、「紫イペの高濃度エキス」を毎日欠かさず飲むようにしています。

 

O.Sさん 熊本県在住(71歳・男性)

書籍『97人の真実の証言集!難病でもあきらめない!高濃度「紫イペエキス」で回復した!』より抜粋