紫イペ情報館

体験談

割れたガラスのように散らばっていたガン細胞が消えました

 平成11年5月に体調が悪くなり、病院でみていただきました。すると大学病院を紹介され、そこで改めて診察を受けました。その結果、医師から「手遅れの子宮ガン」で、ガンの細胞が割れたガラスのように散らばっている状態といわれました。ショックのあまり、目の前がまっ暗になりました。

 医師からは「薬で小さくなったら手術をしましょう」といわれ、仕方なく入院。入院後は何度か抗ガン剤の投与を受けました。心の重たい入院生活でした。

 入院してから数ヵ月がたった11月に主人が親戚の人から預かったといって見せてくれたのが、紫イペエキスの本でした。その頃の私は、ほとんど生きる希望を失っていたのですが、1冊の本が人生を変えてくれたといっても過言ではありません。本は紫イペエキスについて医学的によく解説されていて説得力がありました。これでガンバロウと思った私が、さっそく主人に頼んで買ってもらったのがカプセルのタイプでした。11月14日から飲み始めました。

 それが効いたのか、それからは食欲が旺盛になり、体重も増えて、体力がついたようです。12月16日、無事に手術を終えました。その後、細胞を検査した結果、ガン細胞がどこにもないとのことでした。自分の耳を疑いました。こんな不思議なことがあるのでしょうか。きっと神様が私をよい方向に導いてくださったのでしょう。12月24日に肺に溜まっていた350ccほどの水を抜いていただいたのですが、ガンの兆候ではないといわれ一安心しました。

 今年の1月初旬には退院してもいいといわれ、1月11日に退院することができました。
ところが1週間ほどして胸が重苦しくなり、病院でCTとレントゲン検査をしてもらいました。胸には水が溜まっていないとのことでした。

 そんな状能ですから、まだ安心はできませんが、入院した頃とは比べものにならないほど体調がいいので、健康になることを信じて、これからも紫イペエキスを飲んでいきたいと思います。

 

Yさん 北海道網走郡(62歳・女性)

書籍『100人が実証「紫イペエキス」でガンが治った!』より抜粋