紫イペ情報館

体験談

副作用に苦しむこともなく、PTAに習い事に忙しい毎日です

 乳ガンの手術を受けて後は、朝起きるのも辛く、からだのあだるさが抜けませんでした。疲労感と無力感。手術の痛みもあってか、なにもする気が起きず、1日をただボーッとして過ごすこともありました。抗ガン剤治療を3週間に一度、5時間の点滴で受けることになっていたこともあり、その、きっと苦しいであろう治療のことを考えると、もっと気力が失せてしまっていたのです。

 主人が雑誌で「紫イペエキス」のことを知り、勧めてくれたのはそんなときでした。「副作用を軽くするためにも、免疫力を高める作用があるというから、これを飲んだらいい」というので、素直に、朝食前と夕食前に1粒ずつ「紫イペエキスのカプセルタイプ」を飲み始めました。

 その後始まった抗ガン剤の点滴では、驚くほど副作用がありませんでした。苦しむものと予想していただけに、これには私もビックリしました。食事も普通にとれ、吐き気もなかったです。

 これには医師も驚いていた様子です。「副作用に苦しむのが普通なのに、池端さんにはそれがないね」といい、「紫イペエキス」を勧めてくれた主人も「やっぱり飲んでよかったろう」と、うれしそうでした。

 今では毎日、清々しく目覚めることができ、子どもの学校のPTA活動や習い事にも気力満々で取り組んでいます。これからも免疫力を高めるために「紫イペエキス」は欠かせません。勧めてくれた主人には、本当に感謝しています。

 

Iさん 鹿児島県鹿児島市(主婦・40歳)

書籍『ガンが消えた!難病が治った!』より抜粋