紫イペ情報館

体験談

初期の喉頭ガンが「紫イペエキス」だけでずっと落ち着いています

 最初の診断では、喉頭ガンの初期なので放射線治療だけで治るといわれいました。ところが結局、検査を進めていくうちに手術をしなければならないと医師からいわれ、途方に暮れました。手術となれば、声を失うことになります。

 本を探し、雑誌を見たり、インターネットを開いてもみました。そこで見つけたのが「紫イペエキス」でした。手術だけはなんとしても避けたい。その一心で、早速申込み、飲み始めることにしました。取り寄せたのは「粉末のタイプ」と「カプセルのタイプ」です。カプセルのタイプは1日3粒、粉末タイプはティースプーン3杯。それぞれを毎食後に分けて飲みました。

 手術をするかしないかの決断は、ひとまず保留にしました。失うものは大きすぎますし、紫イペエキスの効果を実感するまでは…、そう思ったからです。それに放射線治療で治まると当初はいっておきながら、手術を勧めるようになったことで、医師に対する不信感も生まれていました。「初期なのだから、まだ少しは時間がある」。そう思い、家族とも相談の結果、しばらくは「紫イペエキス」に賭けてみようという結論に達しました。

 結局、病院は変えました。今はそこで月に1回、通院して検査をしています。ガン細胞は確かにあるものの、急激な増殖もなく落ち着いているとのこと。病院でも治療はひとまず受けないことに決めていますから、抗ガン剤などの薬はいっさい出ません。

 「紫イペエキス」を飲み始めて10ヶ月が経ちました。今は「紫イペエキス」だけを頼りに、飲み続けています。これからどういった経過をたどるのかは、今はわかりませんが、仕事も順調にこなし、ガンの宣告を受けたときよりはずっと体調もいい。「紫イペエキス」を信じて飲み続けていきたいと思っています。

 

Hさん 埼玉県所沢市(会社員・60歳)

書籍『ガンが消えた!難病が治った!』より抜粋